FC2ブログ

わらびの卵とじ  その2

さて、「わらびの卵とじ」後編です。


4)味付け

まずは、白だしとお酒だそうです。
子供の頃、調理前に母親からよく頼まれた「鰹節削り」、そんな光景も何十年と見る事はなく、
今の家庭にはビン詰の調味料がずらりと並んでいます。
CA3F0098.jpg

出汁の下ごしらえ。
CA3F0099.jpg

醤油と砂糖をいれ出汁は完成。
この辺りは、各家庭で味付けが違い一番興味のある所でしょう。
CA3F0100.jpg

   火の通りに差異がある為、茎の方から入れて行きます。
   時間は、一煮立ちすれば穂の部分を入れて、また一煮立ちさせ弱火でことことと。
CA3F0101_20110512123533.jpg

弱火で炊き込むのですが、アクが出る為「アク取り紙」を敷き、
落し蓋をかけて数分。
CA3F0105_20110512123531.jpg
CA3F0106.jpg

溶いた卵をかけて。
CA3F0110.jpg

蓋をして、蒸らせば!できあがり。
CA3F0112.jpg
CA3F0116.jpg

では何時ものお約束事で恐縮ですが、酒盛りにて閉めさせて頂きます♪
PAP_0123.jpg
CA3F0003_20110512123219.jpg

折角のお袋の料理、正しく伝える事ができたでしょうか?
   単身赴任中の為確認もせずに更新しています。
   誤りがあれば、後日訂正にてお許し下さいませ。

 それでは、皆さまどうもありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 鰹節削り アク取り 落し蓋

2011/05/20 13:48 |食遊楽文化  

 | BLOG TOP |