FC2ブログ

明治の水雷艇Ⅱ-竣工写真_3

水雷艇 白鷹

明治29年度第1期拡張計画で、大型の水雷艇として隼型と比較の為
ドイツの「シ—ヒャウ社」に発注さました。
ドイツから分解した状態で輸入され、三菱長崎造船所で組み立てられ
明治33年6月に完成。
それまでの水雷艇は、36センチ魚雷発射管を搭載していたが、
45センチ魚雷発射管を3基、57センチ速射砲3基を搭載するも
計画速力に達しなく、隼型が採択された結果、単艦のみの建造に終わり
日露戦争では旅順攻略戦、日本海海戦に従事、大正11年まで在籍しました。
IMG_5630.jpg
IMG_5636.jpg
3_201910062042165d6.jpg
4_20191006204215041.jpg


隼型 水雷艇 (隼・鵲・真鶴・千鳥・雁・蒼鷹・鴿・燕・雲雀・雉・鷺・鶉・鴎・鷂・鴻)

明治29年度計画で、フランスの「ノルマン社」に4艇発注され
白鷹と比較の結果、翌年度の計画により11艇が国産で建造されました。
今までの艇は数字で呼ばれていましたが、鳥の名前が付けられています。
各艇の竣工は明治33年~37年と日露戦争開戦の前後に当たり、
全艇が日本海海戦に従事その性能を発揮しました。
水雷艇の開発は隼型が最後となり、昭和に復活の水雷艇(千鳥型・鴻型)は
実質の小型駆逐艦である為、日本海軍最後の水雷艇となりました。
IMG_5647.jpg
IMG_5655.jpg
IMG_5643.jpg
1_20191006053956b94.jpg
2_2019100620421992e.jpg

先に述べた明治29年度第1期拡張計画で水雷艇各艇の発注と同時に
イギリスに雷型・東雲型の駆逐艦が4隻ずつ発注されています。
明治32年までに各艦は現地で竣工し水雷艇と同じく分解輸送の計画であったが、
33年までに単独日本に回航された事により信頼性の高さを実証する事となりました。
以後、水雷艇の発展はなく駆逐艦の国産化に努める事になります。

最後に全艇の集合写真で明治の水雷艇Ⅱを終わらせて頂きます。
長々とお付き合いありがとうございました。
IMG_5557.jpg
IMG_5564.jpg

来年5月の展示会のお題は「グレート・ホワイト・フリート」
日本海軍 防護巡洋艦 新高型 「新高・對馬」を
小野浜が担当する事になりましたので
お付き合い宜しくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 水雷艇 明治 グレ-ト・ホワイト・フリ-ト

2019/10/12 21:08 |明治の水雷艇ⅡCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はプレゼント情報というブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

No:1065 2019/10/12 21:51 | #- URL [ 編集 ]

さくら様

レスが遅くなり申し訳ありません。
拙ブログは、艦船模型を趣味とするもので、
内容が異なるようです。
折角のお誘いですが、リンクの方は辞退させて頂きます。

No:1066 2019/10/14 05:49 | 小野浜日記 #- URL [ 編集 ]

祝!竣工

水雷艇 竣工 おめでとうございます。
相変わらず目が痛くなるような、微細加工 お疲れ様です。
艦首やマストの微細な違いをよくリサーチされていて
同じような艦型ですが、各艦それぞれに違う機関や武装を
しているのが興味深いです。

ところで恒例の忘年会のシーズンですが、今年は
いかがしましょうか?
板の方にスレ立てしましたので、よろしくお願いします。

No:1067 2019/10/23 09:01 | 北國海軍工廠 #- URL [ 編集 ]

北國海軍工廠さん、おはようございます。

祝福のコメント、ありがとうございます。
無いようで、そこそこ残った写真よりいろんな情報が
読み取れ、創世期の海軍の思想も現れたクラスの製作は
何かと勉強になったように思います。

忘年会は当然参加です( `ー´)ノ。
前乗りの金曜日前夜祭、土曜本番!日曜お別れ会、
月曜、帰宅の予定で考えています!(^^)!

No:1068 2019/10/27 09:43 | 小野浜日記 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |