FC2ブログ

出会い

旬の食材である藻屑蟹🦀。
あまり知られていないのか、巷で見かける事はほぼありません。

先週末、加古川にて物件の引渡し式があり、
式場に向かう途中の水路で藻屑蟹🦀を発見!
永らく存在も忘れていたので、しばらく見入っていました。
残念ながら、この個体は死んでいるようでした。(たぶん?)
立派な♂でしたが生きていたとしてもスーツ姿で
幅2m程の水路での捕獲活動は不可能であったでしょう?と思う^^;

数日後、近くのJAに土曜日にやって来る魚屋さんがいます。
播磨灘で水揚げされた生きた魚介類を持って来るので、
休みの日は、見に行くのが楽しみの一つになっています。

スキがあったら、いつでも逃げ出したるわい!
とネットの中の元気なタコとトロ箱で跳ね回るエビ🦐などを買い込み、
帰途に付くが、何か物足りません。
そうです!🦀を思い出したのですd( ̄  ̄)。
こうなっては手に入れるまでは帰りません!🦀を求め加古川流域の市町村を尋ねました。

以前に買ったことのある加古川の川魚屋さんはマンションに変身。
ネットで調べた、川魚屋さんも営業している様子もなく、加古川→
三木→小野→滝野とまるでギフ街道を北上するかのようなドライブ。
滝野町でお目当ての物はゲットでき、凱旋かのように意気揚々で帰宅の小野浜。
早々に調理に掛かります。🦀🦀🦀・・・

本当は、きれいな井戸水の中で2~3日置く方が汚れも落ち良いのですが、
逃走の可能性はタコより大なやつですので、水道水で入念に洗い、
ボ-ルの中で少し泳がせてみました。(水を吸い込んでは吐き出すしぐさをしていました)
IMG_0227.jpg
IMG_0237.jpg
IMG_0235.jpg

爪の毛がふさふさのやつが♂、小ぶりなやつが♀です。
大きな寸胴に収まってもらいましたが、徐々に五右衛門風呂状態となりじっとはしていません。
IMG_0241.jpg
IMG_0243.jpg

沸騰し始めて20分程度それを継続させます。
その間、アク取りはこまめにする方が蟹の出汁が存分に楽しめます。
最後に薄口醤油をたらし、出来上がりです。
IMG_0245.jpg
IMG_0254.jpg

秋の夜長、熱燗のあてに、余すところなく堪能致しました。
家族みんなで旬の食材に感謝です。
IMG_0269.jpg
IMG_0270.jpg

蟹さん、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 藻屑蟹

2017/11/18 08:19 |食遊楽文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

以前、伊勢へサツマの採集に行った折、川でいくつかこのカニに遭遇しました。
食べられることは知っていましたが、その川は神宮の御神域、恐れ多くも捕獲など出来ません。
泣く泣くその場を後にしましたが、そのことが今でも・・・

そうですか、「買う」と言う手があったのですね。
何時か食べられる日が来るかも知れないので、この茹で方は保存しておきましょう。

No:968 2017/11/18 19:02 | 鉄砲玉 #aghQ/S3w URL [ 編集 ]

いやぁ~。驚きです。
山も川も熟知の仙人さまが、まだ食されていないとは。
そちらの標高では個体数が少ないか、ダム等で遡上ができないのでしょうか?
是非とも、召しあがって頂きたい一品です。

>神宮の御神域、恐れ多くも・・・
サツマはちゃっかり捕獲されたのでしょうか・・・(笑)

そちらは既に冬化粧でしょうか?
くれぐれも体にはご自愛ください。
ありがとうございました。

No:970 2017/11/19 21:29 | 小野浜日記 #- URL [ 編集 ]

この蟹、カヌーやってた頃どこででも見ました。
こっちでは誰も食べませんが美味しそうですね~。

No:972 2017/11/22 21:40 | kudopapa@副長 #dDm6s.8Q URL [ 編集 ]

kudopapa@副長さん、おはようございます。

>こっちでは誰も食べませんが・・・
それはもったいない。
まあ~、甲羅部分と卵しか食べるところは
ほとんどありませんが、いざ酒のあてとなると
小野浜としては、見逃す訳にはまいりません。

旬の食材として、召し上がってみてはいかがでしょう。

お立ち寄り、ありがとうございました。

No:973 2017/11/23 09:12 | 小野浜日記 #eYj5zAx6 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |