FC2ブログ

京の夏_その2

相変わらず、海外の方々が沢山訪れています。
下賀茂神社のような荘厳な静けさは全くありません。
祭りの最中ですから、にぎやかなほうが雰囲気的にはよいのかと・・・。
IMG_9011.jpg

鴨川の納涼川床が軒を連ねています。
さすがに朝の9時ではお茶屋さんも開いていないので、人影はありません。
IMG_9013.jpg

まずは、寺町京極商店街で何時ものお買いもの。
行きつけのオスティアジャパン 衣で小一時間家内と
あれやこれやと新作の物色。

続いて流れるように錦市場で新しい店を物色し
恒例の岩牡蠣の店「大安」に到着。
営業は12時からで、後30分が待ちきれず
生ビ-ルを求め徘徊をすることにする。

立ち飲みのつもりで、何気なく店先で「生ビ-ル、ちょうだい(^^♪」と
声をかけると奥へどうぞと案内され、扉をくぐる。
IMG_9020.jpg

昔ながらの町屋造りが現れ、壁に掲げた屏風にに圧倒されながら、
さらに奥は元の構造を生かした今風のショットバ-カウンタ-が現れ
奥行きのある建屋に光を取り込む為の坪庭が、その存在感を放ち、
新旧の対比が、違和感のない空間を構成していた。
IMG_9016.jpg

さらに奥にはテ‐ブル席が並び、大きく張り出した庇から裏庭の光がやんわりと入る
落ち着いた空間に満足気味な小野浜と家内は、ランチもここで頂くことにし、
何はともあれ「生ビ-ルを大至急ちょうだい」と子供のようにはしゃいでいた。
IMG_9014.jpg
IMG_9015.jpg

ホロ酔いの一行は、歩行者天国になった各辻々に飾られた山や鉾を見て廻る。
山鉾巡行時とは違い、目の前で飾り付けの緞帳や装飾品が見る事ができ、
新たな、祭りの楽しみ方を見いだせ、一度に見るのは大変なので、
毎年の楽しみに取っておくことにした。
IMG_9029.jpg
IMG_9057.jpg
折角なので、「大安」に戻り生ビ-ルと岩牡蠣を頂く。
当たりはずれか、今年の牡蠣は小粒でミルクが少なく
やや、えぐみがありハズレの年であった。
IMG_9075.jpg

鉾の上部へは建物の2階から橋渡しが掛けられ、見学ができるようになっている。
中には女人禁制の鉾もあり、家内と上がれる鉾を来年の楽しみとし京都を離れる。
IMG_9072.jpg

時間も早いので、帰りは阪急電鉄を選んだ。
大阪の阪急梅田では乗り換えが必要だが、京都・大阪とも
始発である為、確実に座って帰る事ができる。

阪急三宮で降り、ディナ-はちょっと早めであったが、
神戸ステ-キランドでヘレ360gと食前酒のロゼを頂く。
IMG_9080.jpg
IMG_9081.jpg

食後と言っても、まだ5時台前半ではあるが、
家内が女子会で行っているショットバ-に腰を据える。
家内はカクテル、小野浜はシングルモルトスコッチを
頂きました。
多分、二度と出会えないようなお酒ばかりでした。
IMG_9084.jpg
IMG_9091.jpg

一年一度の贅沢を味わえる祭りの日。
息抜きも大切ですが、健康が何よりです。
皆さま、猛暑の夏、くれぐれもご自愛ください。

ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2017/07/25 01:38 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |