FC2ブログ

砲艦 初代「宇治」 竣工

砲艦 初代「宇治」

明治36年、呉造船廠にて竣工した最初の外地警備用砲艦で、イギリスの
植民地警備に使用したブランブル級砲艦をモデルとし建造されました。
それまでの砲艦は、沿岸防御を目的としていたが、長江での行動を想定し
喫水を浅くとっているのが特徴で、外洋航行には不向きな上、
居住性・兵力・速力不足と指摘の多い船だったようです。
以降に建造される砲艦の改良点などの参考になったようでもある。
日露戦争開戦直前に竣工し、黄海方面警備、日本海海戦にも参加。
第1次大戦では青島攻略戦・南シナ海警備にあたる。
その後、主に南支沿岸警備に従事し、昭和7年 第1次上海事変により長江方面の警備に付くが、
昭和11年に潜水母艇に類別されるも老齢化の為、同年8月に除籍となっています。
初代宇治2
IMG_8680.jpg
IMG_8681.jpg
IMG_8678.jpg
IMG_8679.jpg
IMG_8689_20170528215834e7a.jpg
IMG_8687.jpg
IMG_8683.jpg
IMG_8714.jpg
IMG_8701.jpg
IMG_8710.jpg
IMG_8706.jpg
IMG_8697.jpg
IMG_8696_201705282158388f8.jpg
初代宇治1


常備排水量 620トン、垂線間長 54.98m、最大幅 8.41m、吃水 2.11m、
出力 1000馬力(石炭専焼)、速力 13.0ノット、燃料搭載量 石炭156トン、
兵装 8㎝安式単装4基、陸式単装機銃1基・6.5㎜麻式単装機銃3基、
乗員 80名
「世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史」による

機銃の配置については艦橋に2基、上甲板に1基は写真にて確認できますが、
記載では4基となっています。作品は前者にて製作。

これを持ちまして、砲艦 初代「宇治」を終了させて頂きます。
長らくのお付き合い、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦

コメント

完成おめ!

こんにちは。
静岡ではお世話になりました。
砲艦 初代「宇治」完成おめでとうございます。
クラシカルな艦影ながらもキッチリとした雰囲気が良いですね~。
マスト~張り線~艦橋の追加工作、戦隊の汚し等、相変わらずのミクロの決死圏に驚愕いたしました。
上構が黄色だったらさぞかし映えたことでしょうね~!(傷をえぐってすいません・・・)
敷いてある紙?も河っぽくて良い感じですね。

No:935 2017/05/30 11:25 | kudopapa@復調 #dDm6s.8Q URL [ 編集 ]

まいど 北國です~♪
砲艦 宇治 竣工おめでとうございます~♪
いつもながら精密ですね~~~!素晴らしい~♪

用途的に必要あるんだろうか?という高~い前マストが
艦姿の特徴ですね!
小さな船にありったけの技術を駆使する姿に、いつも感銘を
受けています。

お疲れさまでした~♪(^^)/

No:936 2017/05/31 00:32 | 北國海軍工廠 #- URL [ 編集 ]

kudopapa@復調さま、こんにちは。

完成の祝辞ありがとうございます。

体調を崩されていたとの事、復調されましたか。
塗装は残念でしたが、新しい試みができた一作でした。
とても時間がかかってしまいましたが・・・・(;一_一)

>敷いてある紙?・・・
紙です。
光の当て具合で水色にもなり、凹凸がいいアクセントになっています。

お立ち寄り、ありがとうございました。

No:937 2017/05/31 08:18 | 小野浜造船 #- URL [ 編集 ]

北國海軍工廠さん、こんにちは。

竣工の祝辞ありがとうございます。

>用途的に必要ある・・・・
鋭い指摘ありがとうございます。
解説には、通信能力を高める為の高いマストだとありました。
後程、追記しておきます。

No:938 2017/05/31 08:23 | 小野浜造船 #- URL [ 編集 ]

小野浜日記さん
こんにちは。

砲艦「宇治」完成!おめでとうございます。 わッ!凄い「世界」になっていますね!
古風な船形に高〜いマスト!たいへん魅力的なアイテムとなっていますね。

空中線!桁違いの本数!いやはや驚くばかりです。
素晴らしい!

小生、艦船模型は小休止。。。その間にPCプログラミング自律ロボット「KIHE robot」を完成させました。

「宇治」完成おめでとうございます!

No:939 2017/06/05 17:34 | 隊員 #8iCOsRG2 URL編集 ]

隊員さん、こんにちは。

完成の祝辞ありがとうございます。
作品は早く完成させ、見て頂くのが一番ですね(^^♪
次作の糧になり、意欲が湧いてきます・・・^^;。

>小生、艦船模型は小休止。。。・・・・
小野浜の知らない世界での作品作り、雲の上の人です。
プログラミングと聞いただけで、超人の域。(昔の仙人のような存在)
博識豊かな方ですから、一つの事だけでは物足りないのでしょう。
多方面の作品作り、楽しみに拝見させて頂きます。

ありがとうございました。

No:940 2017/06/06 18:15 | 小野浜造船 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |