FC2ブログ

砲艦 平遠_5

船体部の問題点を以前に述べていましたが、
海外のモデラ-さん[ Mr. Vincent c.f.Lau ]から、
平遠製作記に貴方が納得行く、よい資料がありますよ!
的な、コメントを頂き早速訪問してみました。

実物写真ではダンブルが艦尾より主砲基部付近まで認められるが、
キットにはほとんどなく、艦首部発射管の追加工作でも
実物のような形状にならないのは、
艦首から艦尾までの上構部の幅が広過ぎるのではないかと
考えていました。まさにその通りだったようです。

今回、確信を得たのは煙突脇のカッタ-搭載位置に
甲板がある事。写真でも床の端部らしきが認められ
スキッドビ-ムかどうか悩んでいましたが、
床ありの方向で作業を進める事に決めました。

上の図面が残された写真とほぼ同様と思っています。
下の図面が、コンブリックのキットと同様のものです。
また、コンブリックとは違うメ-カ-のキットが写っています?
IMAG0346.jpg

Mr.Vincennt c.f.Lauのブログでは、上記の理由なのでしょうか
フルスクラッチの平遠製作記が紹介されています。
他にも、橋立(新造時改造)や第二次大戦の各国戦艦などなど、
現在、製作中の 初代 扶桑も興味津々の内容でした。

ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦 平遠

2016/08/18 22:22 |砲艦「平遠」COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |