ギフチョウ中盤・・・その3

今宵の泊地は岐阜県飛騨市神岡町の道の駅「宙ド-ム・神岡」。
ちょと贅沢にと夕食を頂きに徒歩にて町の中心部に出掛ける。
当地は「神岡鉱山」で栄えた町で、お酒ガラミの飲食店が
多数存在する小野浜にとっては非常に嬉しい町なのである。
行きつけの居酒屋さんがあったのですが、店の経営者が
変わった為、パスタを主体にする居酒屋さんになっていた。
初めて来た時からの「ホタルイカの沖漬け」が無くなっていたので、
新たな店の開拓に夜のとばりを徘徊する事になった。

そんな中見つけた「船津大胴湧水群」の一つ「柳川水屋」。
絶え間なく湧きでる美しい水源にしばし見惚れ、ほろ酔いの足取りで泊地に戻る。
IMG_1455.jpg
IMG_1454.jpg

本日も、チャリの世話になります。
朝の5時起き、昨夜の柳川水屋で水を汲み、一路大多和峠へと向かいます。
IMG_1456.jpg
IMG_1461.jpg
IMG_1466.jpg

進み始めると、さっそく「サカハチチョウ」が出迎えてくれる。
他に、「トラフシジミ」や越冬個体の「キベリタテハ」を見る。
IMG_1470.jpg

薄暗い林道の脇には立派に成長した山菜の「コゴミ」が生えている。
雪解けと同時に芽を出すタイミングで来れば大漁間違いなしですが、蝶がいませんので来れません!
IMG_1472.jpg

林道を横断する沢が幾つもあり、汗ばむ体をマイナスイオンが包んでくれる。
しかし、羨ましいほど美しく、美味しい水が垂れ流し状態である。
IMG_1478.jpg

大多和峠に到着です。
ゲ-トの向こうは富山県で、こちらは岐阜県です。
昔はこの林道も6月には一般車両も通行できたが、
今では、北陸電力の私有道で彼らの関係者車輛しか通行できない。
IMG_1485.jpg

富山県側より薬師岳を望む。
今年は雪解けが進んでいない様子だ。
今後の発生のタイミングが掴みずらくなってくる。
IMG_1492.jpg

今日は帰宅の為、少し早くの下山となる。
3日間お天気も良く、ギフチョウと戯れ、お土産の山菜を採取し
体は疲れているものの、心はリフレッシュでき
至福の時を過ごせた事に感謝し帰路につく。

お付き合い、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ギフチョウ 山菜

2013/06/19 08:28 |ギフ屋COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/06/20 | ケノーベル エージェント |

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/20 08:47)

飛騨市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | BLOG TOP |