FC2ブログ

押し寿司

皆さま、こんにちは。

またまた、食べ物の話です。
くいしんぼうなのでお許し下さい。

誰もが一度は味わった事がある超有名な「ますの寿司
このお寿司は、高校2年の夏に「輪行」で富山駅まで行き、岐阜県白川郷~高山~富山駅間の
サイクリングに出掛けた時、帰りの富山駅から乗った雷鳥の車内で初めて出会いました。
お土産にと、車内販売で買いましたが、当時からくいしんぼうの
小野浜は辛抱が出来ずに、全部たいらげ、親にあきれられた次第でした。
記憶では、この世でこんな美味しい物があるのかの一言でしたが、値段が高いのと
量が少ない事のほうが、鮮明に記憶され自らの購入は控えるようにと、
自身に記憶付けられたお土産物でした。

GW後半に妹が、能登半島に旅行に行き土産話と土産物に
タイプの違う押し寿司を買ってきてくれました。
IMG_1020.jpg

箱の中にまた箱が、
IMG_1021.jpg

そして中身はと言いますと、余分な梱包材と
相変わらずの、量の少なさに家族は閉口。
悪口を言っている訳ではありません。
美味しいからもっと量を増やして!と、言いたいだけです。

土産話で気になったのが、「ホタルイカの踊り食い」は美味しかったでェ~。
お酒も美味しかったしィ~!
流石、妹だけはある。兄の急所は心得ているようで、
小野浜には、ただの自慢話にしか聞こえませんでした。(くいてェ~)
IMG_1024.jpg

こちらも少し前の頂き物ですが、金沢方面の伝統的な押し寿司です。
底に酢でしめたアジを敷き込み、さくらエビ、針生姜、大根のなます、
紺のりに木の芽を散りばめられ、食べる前に目も楽しませてくれます。
包みのラップを開けると木の芽の香りが漂い、食欲をかき立て、
一口ほうばると、紺のりの初めての食感とえびの香りが口に広がり、
酢飯と針生姜が混ざりあい、アジで最後を〆ると言う、演出まで織り交ぜた一品でした。
IMG_0683.jpg
寿司は新鮮な海の幸が決め手でしょうか?
当然お酒も進むのは無理は無いですね!ご馳走様でした♪
と、一人ご満悦の小野浜でした。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ますの寿司 押し寿司

2013/05/08 14:49 |食遊楽文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

このところ、業務に追われてなかなか書き込みできずすみません。

いや~それにしても、やはりプロ作った商品は上品というか
見せ方が上手いですね。
自分の作ったものと比べると冷や汗が… (笑)

No:628 2013/05/10 17:11 | 北國海軍工廠 #- URL編集 ]

北國海軍工廠さん、こんにちは。

今日も仕事で大阪におります。
今日は雨が降っているので、お休みであれば
絶好の模型日和なんですが???

>業務に追われてなかなか書き込み・・・
ごめんなさい。
押し寿司が重なったので、出さずにおられず、出してしまいました。
他意はございませんので、お気遣いなくです♪

>自分の作ったものと比べると・・・・
とんでもございません。
見てくれも大事かもしれませんが、小野浜は感動でした。
心のこもった、押し寿司でした。

ありがとうございました。

No:630 2013/05/11 14:33 | 小野浜日記 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |