FC2ブログ

白魚

今宵の酒の肴を求め、仕事帰りの「デパ地下」散策が恒例の小野浜。
タイムサ-ビスになると、時間の経過と共に、お値段が安くなっていく為、
「半額」のシ-ルが貼られるまで、時間待ちをする人達でにぎわっています。
又、女性だけかと思いきや、中年のおっちゃんも結構いるのには驚きであり、
小野浜もその一員に加わり、安くなったよい食材を物色しています。

春先と言えば毎年、楽しみの食材である「白魚」を求めるのですが、
何時もある物ではなく、中々出会える事ができません。
今年は手に入れる事ができないのではと、半ば諦めぎみで2軒目に訪れた「梅田阪急」。
すでに200円引きで二袋が並んでいました。

先日、就職した娘ですが、入社式は千葉で済ませ、その足で東京にて研修。
週末に帰宅し、次の週は名古屋、次の週は岐阜でと、
今週末は直接、実家に帰ってきました。
何時もなら、一袋で十分なんですが、子供達も楽しみにしている「白魚」です。
娘の顔も浮かび、わざわざ二袋買って替える事を家に告る、親バカぶりです。

レジでお金を払おうとした時でした。
なッ!無いがな!!、、、財布が無い!!?@@@@・・・・。
落ち着け!、、、エェ~と????
事務所や!。。。。着替えた時、上着のポケットに入ったままか???
とりあえずこの場は財布が無いことを伝え、商品をキャンセル。
「財布取って来るから、品物を預かっといて!」と言いたかったが、
もし、財布が無かったら申し訳ないので、商品は一旦かえし
慌てて事務所に戻る事にする。

久々に、限界まで走りました。
雑踏の地下街は自重するも、地下鉄の駅を降りて事務所までは全速力でした。
家に連絡を入れた手前と、今年初の「白魚」を逃したくなく、
今できる事は全力で走る事しか頭は廻りません。
財布は無事に事務所ロッカ-の上着のポケットにありました。
場所まで思い出せた事にまだまだ痴呆には至ってないと安堵するが、
白魚」が気になり、全速で駅へ地下街の雑踏をイライラしながら
小走りに、目的地へと取って返しました。

地下2階の売り場へ到着。少し息が上がり気味だが、平静を装い商品確認へ行く。
あ~ぁ、無い!さっき置いてあった所に、無い!!
レジに確認に行こうと、二三歩進んだタイムサービスコ-ナ-に、発見~ン!
やった~ぁ!、、、それも二袋とも、、、走った甲斐があった。
速攻で二袋を掴むと、「あ~!ほら取られたやん!」と、
おばちゃんの残念そうな声が聞こえてきたが、そのままレジへ直行。
かなり危ない状況だったのかもしれないが、二袋ともゲットに成功し
苦労が報われた事に安堵する。
カウンタ-に置いた商品を見て、更にニッコリ!半額のシ-ルが貼ってありました。
シンドイ目をしたが、全てが結果オ-ライ!ついていました。
では、そこまで力の入る「白魚」を見てやって下さい。
IMG_0593.jpg

ボ-ルに移し、箸で挟んで採ります。
IMG_0597.jpg

万能ポン酢にくぐらせ、動きが鈍ってから、一匹づつ頂きます。
IMG_0607.jpg

残りが少なくなってくると、元気な魚しか残っていません。
それを摘んで採るのも本能をくすぐられ趣向としても楽しめ、
お酒の量もついつい過ぎてしまいます。
IMG_0619.jpg

美味しい酒や旬の食材を手に入れるためなら
少々の苦労はいとわない、貪欲オヤジ。
今日は、子供とテ-ブルを囲み酒を酌み交わしながら
有意義な一夜を過せた事に感謝です。

長々と、財布を忘れる親バカ日記にお付き合いありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 白魚

2013/04/21 15:22 |食遊楽文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

ご無沙汰しております、R工廠です。毎回更新を楽しみに拝見させて頂いております。白魚ゲットできてよかったですね!私も娘がおりますが、まだ4歳なので…(苦笑)小野浜様のように飲める日が待ち遠しいです♪ 失礼ながらお邪魔いたしました!

No:620 2013/04/22 12:33 | R工廠 #- URL [ 編集 ]

R工廠さま、こんにちは。

良い季節になり、野山を駆け回る時間が増えたおかげで、
当然のごとく、室内作業がおざなりになってしまっています。
天気の悪い日には、ちょくちょく触っていますので、
たまには、更新できるかと・・・(汗)

>毎回更新を楽しみに拝見させて頂いております。
ありがとうございます。
そう言って頂けると、励みになります。

>私も娘がおりますが、まだ4歳なので…(苦笑)小野浜様のよ
>うに飲める日が待ち遠しいです♪
かわいい時ですね!物心が付いてきて一人前の事を平気で
しゃべりだし、ひやひやしたり。
かわいらしいしぐさに、癒されたり。
萎えた気持ちを子供たちに、助けられたりと、色々ありました。
R工廠さんもできるだけ長い時間、一緒に過ごしてあげて下さい。
長いようで、すぐにやってきますよ♪

>失礼ながらお邪魔いたしました!
とんでもございません、こんなブログで良ければ、
何時でも、気兼ねなくお越し下さいませ。

ありがとうございました。

No:621 2013/04/23 12:47 | 小野浜日記 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |