FC2ブログ

耳をすませば。

早朝5時台、満点の星空にお月さまが輝く通勤路。
家内と愛犬も散歩がてら見送りについて来る。
バス停までの10数分程度の道のりだが、
あわただしく最近の出来事や予定を伝え合い、愛犬にチョカイを
出せる数少ない時間でもある。

ひと月前は、しらがみ始めた東のそらに小高い丘の稜線が
くっきり浮かび上がっていたが、今は星以外、何も見えない。
少し前から気が付いていたのだが、南の方から梵鐘の音が途切れ途切れに聞こえてくる。
最近、坂道を下るある位置だけに聞き取れる事が分かって来たが、
毎日、聞き取れる訳ではなく、県道を往来する大型車両など騒音にかき消され
ほとんど聞けないのが実情である。

今朝の気温はかなり低く凍てつくような空気が張りつめ、
空には雲の気配も無く、寒さに比例するように、星が輝いていた。
愛犬がアスファルトを駆ける爪音がリズミカルに跳ね返って来る中、
澄み切った空気を響かせる、梵鐘の音。
時の鐘でしょうか?二つ目もハッキリ聴く事が出来た。
その後は、車が行きかい全ての音が聞こえなくなってしまったが、
家内が「いいね!」の一言。
せわしない師走に体験できた、一瞬の出来事でした。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 梵鐘 師走

2012/12/07 19:06 |雑記帳COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |