FC2ブログ

なんちゃって、オーシャンビュー

皆さま、こんにちは。

昨年、12月より新しい作業所に配置転換しました。
約3か月を過ごし、ようやく通勤にも慣れたと
言いたいところですが、1時間以上の車通勤は
還暦を過ぎたオッサンには、ちと キツイものがあり、
道中に慣れてきたと言うところでしょうか。

当初は席が決まっていましたが、使い勝手の面で窓際へと席を移動。
ブラインドが閉まった窓からは外の情報は全く入ってきませんでしたが、
PC画面への映り込みもあり、ブラインドの全開は不可能なものの
下部20センチも開ければ目線の高さで、オ-シャンビュ-とまで
洒落た景色ではないが、仮にも好きな海と船が眺められ、
つかの間の幸せを感じる事が出来るポジションに居座る事となりました。
IMG_4158.jpg
1_20190227082453bf4.jpg

更に、落ち着いて眺める事が出来るようになると、
頻繫に行われる入出港の様子や荷役中の新鮮な情報が目を楽しませてくれます。

ここで見れるのは砂利運搬船ばかりで、備え付けのクレ-ンで、
着岸と同時に荷下ろしが始まります。

そのクレ-ンの操作も絶妙で、左右に揺れる船体と振り子のように振れる
バケットを操り、振れるバケットを静止すことなく捨てるように荷を下ろし、
返すタイミングをブ-ムワ-クにてバケットを静止させ、船倉の荷を掴みに
降ろす作業を繰り返しています。
初めて見た時は、なんてワイルドな作業かと思いましたが、
リズミカルにこなす職人芸に、ひと時 目を楽しませてくれます。
[広告]

入港時は砂利を満載の為、船は喫水線ギリギリですが、
出港時との対比が印象的で、浮いている感が何とも愛らしいのは小野浜だけでしょうか。
1-3 (2)
1-5.jpg
2_20190227155049270.jpg
1-3 (1)

何だか、仕事も干された窓際族みたいな感じに思われるでしょうが、
何時ものごとく、人手不足の中、山ほどの仕事量に追い回される
毎日を送っています。

最後までのお付き合い、ありがとうございました。

スポンサーサイト



テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

タグ : 砕石船

2019/02/28 08:45 |雑記帳COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

週末より、孫達がお泊りしていました。
月曜日は朝起きてびっくり、車の屋根に
積もるほどの雪が降っていました。

休みなく降り続いていましたが、ボタン雪なので
夜が明ければ、徐々に溶けてなくなってしまいます。
孫達と雪だるまを作るべく、早々に愛犬の散歩に出掛けました。

田園地帯から降る雪でうっすらと姿を見せる「雄崗山」
年に1度あるか無いかの景色に浸っています。
1_20190212170722249.jpg

溜池には「鴨」の姿はありませんでしたが、この時期しか拝めない
2頭の「カワセミ」を見る事ができました。
当然写真はありませんが、一直線に美ロ-ドに輝くブル-が対岸に
飛び去りました。
4_201902121707237d1.jpg

孫たちも、2年ぶりの降雪に興奮気味で、
車の屋根や、木々の枝に積もった雪をタライにかき集め
先ずは孫たちに雪遊びを楽しんでもらっている間に
雪だるま作りです。
思ったより雪が少ないので、速攻で作りました。
3_20190212170722dfc.jpg

後は、子供のおもちゃでしたが、昼過ぎには
部活帰りの中学生に破壊され、溶けてなくなっていました。

つかの間のサプライズでしたが、孫たちは楽しんだようです。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 雪だるま

2019/02/12 17:09 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

【 Giuseppe Miraglia 】 イタリア海軍 ジュゼッペ・ミラーリア  水上機母艦-No.3

1年の抱負のひとかけらも達成しないまま
1月が過ぎ去っていきました。
皆さまは、どうお過ごしでしょうか。

昨年暮れの家のリニュ-アル工事で
心労が重なった小野浜は、腰痛にも悩まされながら
酒で痛みを紛らわす日々を送っていました。

イタリア海軍 「ジュゼッペ・ミラーリア」ですが、
艦載機の[IMAM Ro,43偵察機]が中国メ-カ-の
トランペッタより12機一組で発売されておりましたので、
早速アマゾンにて購入し加工に入ります。

キットは1/700ですので、15㎜程の大きさで
透明プラスチックで形成されています。
製品の形成上、翼の厚みはオ-バ-スケ-ルとなる為、
薄く削る加工が必要となります。

機体は複葉機で複座の水上機です。
先ずは、カウリング正面よりエンジン部の座彫り。
操縦席・後部座席はオ-プンの為、こちらもピンバイスと
デザインナイフで開口部の掘り込みと胴体のパッティングライン
のカット調整が下ごしらえとなります。
複葉機ですので、胴体上部と下部の2枚の主翼を削り、
最後に一番破損の可能性が高い水平尾翼、
垂直尾翼を限界までカッタ-ナイフとヤスリにて
スケ-ル感を損なわない厚みに仕上げる作業を行っていきます。
IMG_3955.jpg

1日やって、カウリング座堀りとパッティングライン調整、
機体上部主翼の加工は終わったものの、機体の作業完了は2機が精いっぱいでした。
IMG_3967.jpg
IMG_3957.jpg

一機だけサンプルで先行組み立てしましたが、フロ-トの支柱や
主翼上下間の支柱などまだまだ仕上げの検討が多く残る先の見えない
工作に突入しております(T_T)

ご笑覧、ありがとうございました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : IMAM Ro,43偵察機

2019/02/06 20:41 |Giuseppe MiragliaCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |