FC2ブログ

砲艦 赤城_2

赤城進捗です^^;。

木甲板表現ですが、エバグリ-ンの筋彫プラ板で再現しました。
そのままだと、板厚があるので極力薄目に裏を削り取り、
違和感の無いレベル調整を行います。

艦首の目立つアンカ-レセスが表現されていないので、
プラ板にてそれらしく再現しました。
アンカ-ベットも同様に再現しています。
IMG_9487.jpg

削り取ったブル-ワ-クですが、砲座部分は射界を得る為、
両舷とも外側に倒れるよう可動式となっています。
一部に固定式がありますので、その再現と可動式部の
若干の立ち上がりをそれらしく表現してみました。

煙突はキットの部品を加工して、固定しています。
船が小さいので、後施工のブル-ワ-クなど、
強度的にも船体を持つ事ができない為、持ち手として
蒸気捨管と頂部の雨除格子は後の工作としています。
IMG_9490.jpg

甲板にあるトップライトや昇降口の配置が不明です。
また、後部マストと煙突の間にカッタ-の収納ラックがあるようです。
3番砲塔の上部ですので、射界に影響のないような、
特殊な構造であると思われます。。
こちらも、写真から支持部の構造が読み取れなく苦慮しています。

困った時は、「無限蒸気艦」さんに相談ですね (^^♪

続いて、艦橋とマストの工作を進めていきます。
ありがとうございました。

スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

2017/08/27 21:10 |■砲艦「赤城」COMMENT(5)TRACKBACK(0)  

砲艦 赤城_1

こちらも、砲艦「操江」や「鎮型」と同じメーカーのキットです。
日本では、まず発売される事のない船であることは間違いないでしょう。
船体も部品も必要最低限の物は揃っており、12センチ砲身は真鍮製が
用意されております。
IMG_9408.jpg

日清戦争で「黄海海戦」に参加し、海戦直後の損傷写真により
詳細な情報を見る事ができるので、より精密な仕上がりを期待しながら
制作に掛かっていきたいと思っています。

早速、船体のブル-ワ-クが分厚いので、すべて撤去。
木甲板の表現が荒かったので、「鎮型」と同じように、
筋彫りのあるプラバンで木甲板を再現する事にする。
その前に両舷の47㎜砲の張り出しの位置が少し
ずれているので、削り落として付け直しをする。
IMG_9459.jpg

ほぼ真横よりの写真があるので、12センチ砲(4門)とマストや先に述べた
張り出しの位置は容易に算出できる。

またもや、別の船に手を付けてしまいました。
小さい船にもかかわらず結構ハ-ドな出だしです。
大丈夫か!このオッサン!!と思われているでしょう。

ガンバリマス。。。。ます。



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦

2017/08/18 10:47 |■砲艦「赤城」COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

防護巡洋艦 「千代田」_1

あれやこれやと手を付けていますが、
モデルクラックの防護巡洋艦「千代田」も
例外でなく、船体の修正作業を進めました。

まずは、絶対修正が必要な個所。
①、両舷に並ぶ12㎝速射砲スポンソン(砲台の張出)が船体より突出
  し過ぎ、特に4.7㎝速射砲用は大きさも合っていなく違和感がある。
  削って、ブルワ-クの再構築と各スポンソン上部に張出を
  追加し、各砲台の飛沫除けの扉も再現が必要です。
②、ラム型艦首の角度が甘く、先端を延長する必要がある。
③、艦尾の形状が違っているので、削ってそれ成りに修正。

オリジナルの船体です。
古いレジンキットで甘めのモ-ルドではあるが、
それなりに付く物は付いている。
IMG_9348.jpg

左舷側のスポンソンの張出を削って見ました。
IMG_9350.jpg

舷側面にパッティングラインがあるようなので、
全てのモ-ルドを削って表面調整も必要となってきました。

このキットも手間が掛りそうで、
目をみはる様な進捗は望めそうもありません。。。。T_T

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 防護巡洋艦

 | BLOG TOP |