旬のめぐみ

親父から、「てんぷら何時するんや!」と問いかけがあった。
何を、突然と思ったが、早朝、愛犬の散歩途中にウドの生育状況を
確認していたので、親父はこれを見ての 山菜てんぷら発言であったと推測ができた。
IMG_8128.jpg

親父は、タケノコ掘りと山で栽培のウドを刈り取り。
小野浜は、朝一のワラビはお袋が灰でのあく抜きを
行った後である為、再度、てんぷら用にとワラビの採取に出掛け、
時間がないので、重曹にてあく抜きを行う事にした。
FullSizeRender_20170424122505f68.jpg
IMG_8139.jpg

先に述べた灰でのあく抜きはワラビの風味を損なう事がないように思うが、
重曹は、取り上げのタイミング(量と時間)が悪ければ味も香りも抜けてしまうのが
欠点である。少量であった為、4時間ほどであくも抜けていた。
 
下処理は小野浜、揚げるのは家内と娘たちが担当。
FullSizeRender_20170424114444ecf.jpg

別に、きんぴら用のウドとワラビの茎の三杯酢用をセットし、
小野浜はワインを開けて、のお味を舌鼓。
FullSizeRender1.jpg

揚がった順に箸を動かしていたため、撮影の事は失念。
以降の写真はありません。m(__)m

本日のてんぷら具材。
ウド・ワラビ・タケノコ・タラの芽・茄子・人参・ウインナ-
でありました。

お付き合い、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 山菜

2017/04/25 06:49 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

砲艦 鎮型_2

こちらも、木甲板の塗装ですが、小さい割には手間のかかるマスキング。
苦行の割に出来は今一、やはり手抜きは あきまへんなぁ~。
IMG_8117.jpg
虫屋仲間は春一色。
山!行きてェ~病と仕事に追いまくられ、ズタボロ状態です。

山笑う、ギフの聖地「雄岡山・雌岡山」
IMG_8115.jpg



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦

2017/04/21 06:47 |砲艦「鎮型」COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

砲艦 操江_2

木甲板の塗装は何時ものマスキングテ-プでの対応。
今回は、小さな船ではあるものの鎮型と同時進行。
結構、苦行でありました。
IMG_8118.jpg

木甲板の塗装ですが、時短の為に1色減らした3色塗りとしてみました。
出来上がりは今一なので、上から薄塗りを掛け墨入れで対応しようかと
時間もないのに、思案中です (T_T)。



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦

2017/04/20 08:21 |砲艦「操江」COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

砲艦 操江_1

こちらも、鎮型と同じに購入したキット。
日清戦争劈頭、豊島沖海戦で鹵獲された木造帆船
砲艦操江」。(日本海軍でも艦名は変わらず)
IMG_8100.jpg

こちらも、リストを見て速攻でチェックを入れたキットである。
マストやら、艦橋構造物やら、シュラウドなど小物まで
エッチングパ-ツが用意された一品でもあった。

まずは唯一、不満な艦首部船体形状が少々だるい所の整形から、
残された写真を参考にケズリンパテ入れと約1か月。
甲板表現は鎮型とは違い、ハッキリ、クッキリの優秀な出来。
小野浜のこだわりですが、船体の板張り表現を初の試みで、サフにて行う事としました。
IMG_8067.jpg

こんな塩梅ですが、塗装後の出来具合が楽しみではあるものの
これでよかったのか、少々不安が残る進捗です。
IMG_8098.jpg

砲艦シリ-ズとして、こちらも静岡ホビ-ショ-の展示会に出品を
予定していますが、まだまだ道のりは遠く、
全く先が見えない状況に焦りの色は隠せません。(T_T)

頑張ります。
ありがとうございました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦 操江

2017/04/11 09:04 |砲艦「操江」COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

砲艦 鎮型_1

昨年暮れに、お隣の国のキットが拝見できると
リストが廻って来た。
明治初期の艦艇群に興味のある小野浜。
目を疑うような当時の日本艦、清国艦のキットが
ずらりと並んでいるのには正直、おどろいた。

一番に食いついたのが、砲艦鎮型」。(日本海軍の愛称)
日清戦争時、威海衛攻略と共に鹵獲した清国艦である。
正確な艦名は「鎮東・鎮西・鎮南・鎮北」の一群と「鎮辺・鎮中」
の6隻、若干ではあるが、造りに相違点が見られ6隻全部を
手がける事にした。

レジンキットではあるが、基本的な船体形状はしっかりしているようだ。
しかし、細かな所は不満な点が目に着くが、この種のキットは
日本では到底手がけるメ-カ-は存在することはないと
思われるので、素直にありがたいと思うのが本音であった。
IMG_7063.jpg

最初にこれだけは修正したいと思った木甲板の表現。
板のピッチが大き過ぎるのと、最上甲板の木目表現が無い事。
正確には最上甲板は木か鉄かは確認はできていませんが、
その部分が写った写真からは木ではないかと小野浜が勝手に思っている。
ネットで見つけた、参考写真も貼っておきます。
IMG_7987.jpg
83-101.jpg

甲板表現はエバ-グリ-ンの筋彫りが入った
プラ板にて再現です。
IMG_8092.jpg

船体の気泡パテ埋め、正面砲口のブル-ワ-クに追加ディテ-ルと
ここまで来るのに3週間。
5月13・14日の静岡展示会に間に合わせたいが・・・・・^^;
どうなることやら。





テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦 鎮型

2017/04/10 09:25 |砲艦「鎮型」COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

いぶき

雨上がりの散歩道。

燕が飛びかい、ひばりのさえずりが
上空で聞こえるかと思うと、地上から天高く舞い上がっていく。
田園では、すでに春が始まっている。

遠景はお湿りの「雄岡山・雌岡山」(おっこうさん・めっこうさん)
IMG_7999.jpg

昨日よりの恵みの雨。
春の「いぶき」を一気に加速させることだろう。

わらびも顔を出し始めている。
IMG_8007.jpg

昨年、長野より持ち帰った「浅葱」もすでに食べごろ。
IMG_8011.jpg

ワクワク、ウキウキ、心が開放感に包まれます。
景気づけに、去年撮った「ギフチョウ」を投函します。
2頭の違いわかりますね(^^♪
IMG_3371.jpg
IMG_3358.jpg
今日から4月始動です。
山遊びの皆さま、さぁ!出発ですよォ~。



テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

タグ : ギフチョウ

2017/04/01 09:33 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |