スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

通報艦「八重山・龍田」

めんどくさい作業の多いモデルクラックのキットですが、
中にはレアな船体もあり、非常に出来の良いキットも存在するのが不思議。
通報艦八重山龍田宮古」の三艦がそれに当たるのではないかと思っている。
八重山龍田は竣工時と主缶の換装にて外観上
煙突の形状+本数の違った後期型の2種類のキットが用意されているが、
両艦とも前期のキットを購入し部品を確認するとどちらでも製作可能なように
部品が揃っていたのがとても嬉しかった。

あまり見る事のないキットであろうと思われるので
部品を並べてみました。
八重山龍田」の順に見てください。
IMG_1764.jpg
IMG_1756_20151014200158b5d.jpg

部品点数は非常に少ない簡素なキットですね(^_^;)
みなさん思っているでしょうね(^_^)/~
何時できるんやろ(^^♪
小野浜も思っています。何時触れるんやろ(T_T)
IMG_1774.jpg

まずはお約束のアワビ取りです。
これをやらないと何も始まらないモデルクラック
やっぱり、邪魔くさいです(*_*)

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 通報艦 八重山 龍田 宮古 モデルクラック

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。