スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

冬の来客

皆さん、鏡開きも終へお祝い気分も抜けた頃合い、いかがお過ごしでしょうか?
小野浜は13(月)の成人の日だけお休みを貰い久々に艦艇模型を触っていました。
IMG_3827.jpg
IMG_3828.jpg

甲板上に繊細にモ-ルドされたリノリューム押さえと
運搬レ-ルを削っていると
窓に「コツン、・・・コツン」と聞き慣れた衝突音が二つ。
またか!と窓の外を見ると、思った通り衝突音と同じ数の
突撃!メジロちゃんがひっくり返っていました。
IMG_3809.jpg

余計なお世話と思いつつも、せっかく我が家へ訪れたメジロちゃん。
ほったらかしは失礼と模型の上箱に乾いた雑巾を敷き、お目覚めを待つ事にしました。
IMG_3812.jpg

10分もしないうちに1羽は元気に飛び去りましたが、
もう一羽は打ち所が悪かったのか、少し時間がかかっています。
IMG_3815.jpg

起き上がるも少し時間がかかりましたが、
何事も無かったかのように元気よく林に向け飛び去って行きました。
IMG_3816.jpg

毎年、暮れの大掃除で窓硝子はピカピカ!
二羽の衝突痕が残されていました。
因みに、2階の窓を全て調べてみましたが、どれもピカピカの状態なので、
今年初の訪問であったようです。

衝突後、気絶だけで元気に飛び去るとはいえ、
鳥にとっては迷惑な話でしょうね!
何が原因なのか興味が湧くと伴に鳥達に事故の無いよう努めたいと思います。
IMG_3814.jpg

そこで、突撃メジロちゃんについて過去数回の記憶ををたどり、
原因究明ができればと気が付く事を列記しました。

1、全て冬場で2階の南向きの窓に衝突。
 (南面が道路を挟み林になっている。庭の木々になる木の実をついばみに
 多種の小鳥が訪れている。多いのは、ヒヨドリ・メジロ。)
2、模型を触っていて明り取りのため窓のカ-テン・レ-スが開いている。
 (普段の昼間はレ-スは閉まっている。
 2時を過ぎると作業机に西日が差し込む為レ-スを閉める)
3、窓際の作業机で正面にパソコンのモニタ-がある為、
  手元灯として蛍光灯が点いている。
 (林からは点灯部がよく見えている)
4、今回の衝突痕から見ると林からバルコニ-の手摺(格子タイプ@110)の
  笠木天端ギリギリをすり抜けるように飛来していると推察。
 (お帰りの際は手摺の格子の間ををすり抜け林へ一直線であった。)
5、写真に写るティッシュの箱。オレンジの柄が木の実に映ったのでしょうか?
 作業机にいつも同じ場所に置かれており、外からよく見える。
 (昨年も同じようような淡い色合に赤い水玉模様が点在する箱であった)
6、今回の衝突時間は、PM1:10
 (昨年は2回目AM10:45、1回目は記録なし)
7、今回は晴れ、風なし。
 (昨年1回目は小雨、2回目は晴れ)
8、昨年、教えて頂いた鷲やフクロウなどの猛禽類の写真・シ-ルなどは貼っていません。
9、小野浜が第一発見者である時は、全て同じ窓。
 (過去に、娘が第一発見者の時は娘の部屋の窓)
10、メジロ以外の突撃観察は無し。
 (関係はないと思うが、夏場に玄関からツバメがリビングに飛来。
 網戸が閉まっていたので部屋の中を飛び回っていた事がある)
11、救われるのはベランダに絶命個体の観察は無し。

なんとなくですが、人がいる部屋に飛来しているような気がする。
蛍光灯の明かりか?木の実に見まがう模様?
取り敢えず、思いつく事からやって行き、様子を見ることにします。
・作業机のティッシュの箱が表から見えない位置に置く。
・蛍光灯がおもてより見えない工夫をする。
・多分、レ-スを閉めれば飛来はないと思うが、
 室内を明るく、温かくしたいので現状のままとする。
陳腐な小野浜はこの程度しか思い浮かびませんが、
それでも突撃隊が飛来する時は猛禽類のシ-ルを貼る事にします。                        
IMG_3825.jpg

独り言にお付き合いありがとうございました。

追記)
砲艦シリ-ズに力を注ぐつもりが、あれれ!です。
量販店でエッチングパ-ツ入りのデラックス版「日進」を見掛け
またしても買い込んでしまいました。
ホンマに学習能力の無いオッサンです。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : メジロ

2014/01/16 18:01 |雑記帳COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

元旦 2014

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年も拙いブログですが、宜しくお付き合い下さいませ。

2014の夜明けです。
日の出前は空には雲がびっしりと覆い尽くしていたが、
何時の間にか、お日様が顔を出していました。
IMG_3708.jpg

早速、家族総出で初詣に出かけます。
今年は、長女が静岡で元日より初売りの仕事。
三男は、予備校の冬季講習に出かけて、8名で繰り出しました。
始めに、地元の氏神さま「住吉神社」に詣でます。
IMG_3712.jpg

お参り後、「お神酒」を頂戴し、5円玉に紐を結びつけた「5円守」を頂く。
IMG_3713.jpg

次に、ギフ屋さんならご存知の神戸市西区神出町「雌岡山」山頂の「神出神社」に向かいます。
IMG_3719.jpg

山頂より明石海峡大橋を見渡せますが、あいにくの霞みの掛かった空模様。
お神さんが下界を見下ろしているかの様に見えたのは私だけ・・・?
IMG_3724.jpg

今年は前菜にと別皿を仕立てると気合の入った朝の宴会が始まります。
IMG_3735.jpg

睨鯛」の出来上がりは上場。
IMG_3752.jpg

お袋、妹、家内達の力作を披露しておきます。
IMG_3745.jpg
IMG_3744.jpg
IMG_3754.jpg

雑煮は白味噌仕立て、酒で弱った内臓には優しく温まる食材です。
彩りに人参の輪切りが入っていましたが、写真の前に食べてしまいました。
IMG_3770.jpg
床の間の生花をお袋よりリクエストされ撮っておきました。
IMG_3765.jpg

 
それでは皆さま、今年も宜しくお願いします。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 初詣 雑煮 宴会 睨鯛

2014/01/01 22:37 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。