吹雪!

昨晩の吹雪は凄かった。と言うより怖かった。
この地方では見た事のない雪の降り方で、真横になったり、
下から吹き上げたり、あげくには渦巻き状態で四方八方より
雪に攻めたてられ、周りの景色をかき消し、
あれよあれよの内に2センチ3センチと、
みるみる積っていくではありませんか。
それに増して、聞いた事の無い、地鳴りのような轟音が
終始鳴りやまず、不気味さを一層かきたてていました。
雪女か氷の魔女が登場するのではないかと思うくらいの荒れようです。
その吹雪も30分程度だったと思いますが、それが止んだ時には
徐々にやさしい降り方へと変わっていき一面を銀世界に変えていました。

一連の状況をじっと観察するはずの無い小野浜。
愛犬と雪の渦巻く空間ではしゃいでおりました。
ほんまもんの雪国なら遭難しているかも知れません。
CA3F0004_20130127225137.jpg

なにせ雪の無い所で育ったものですので、気分はお祭りなんです。お許し下さいませ。

朝の通期バスはあちこちで事故・ジコ・jikoで、まともにたどり着く事ができませんでした。
最悪の1週間の始まりです。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 吹雪 地鳴り

2013/01/28 19:28 |季節の便りCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

アオシマ砲艦「勢多型」 その4

相変わらず、チョコチョコとしか進まずで
ご笑覧頂くほどの進捗がありません。
見せ場の屋根廻りに悪戦苦闘です。

煙突関係は終了。個艦別武装も揃いました。
13ミリ連装機銃の防盾仕様は雰囲気バッチリでした。
時間を取られたのが15センチ曲射砲、3台作って満足しています。
CA3F0052_20130127225139.jpg

前期タイプには武装が搭載されていませんが、
避雷導体の表現が終わっていないので未搭載です。
後部銃座に13ミリ連装、前部が15センチ曲射砲となります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 勢多型

2013/01/27 23:15 |砲艦「勢多型」COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

突撃メジロちゃん!

去年暮にも書きましたが、またしても珍客「突撃メジロちゃん」が訪れました。
今回は撮影を忘れずに行いましたので、お付き合い下さい。

2階の窓際の作業机で模型を作っていたところ、
「ゴツン!」と、硝子を震わすやや鈍い音。
またか?以前より何度も聞くこの音にすばやく反応。
思った通り、窓ガラスに突撃メジロちゃんが飛来、
ひっくり返って足をケイレンさせていました。
CA3F0013_20130126144935.jpg

野生の生物を素手で触れるのはいけない事だとは知りつつ、
可愛そうだと拾い上げてしまいました。
立っているように見えますが、小野浜の手の平に体を預けた状態で足を突っ張っています。
お~ォ、ォォ!めんこいな~ぁ♪
CA3F0018_20130126144937.jpg

少しすると体を起こし、口が少し動くようになります。
CA3F0026_20130126144938.jpg

次に眼が開き硬直した状態で立っています。
だれや、このオッサン!何で、こんなオッサンの手の平なんや!?と、
不満げな視線を放っています。
CA3F0031_20130126144940.jpg

このままだと口ばしでつつかれそうなので、紙箱の蓋に移し縁先に置いて見ました。
まだしっかりとは立てていません。
CA3F0034_20130126151602.jpg

しばらくして覗きに行くと、いやそうに、また来たでオッサン!と顔をそらし、
フンをしながら飛び去って行きました。
CA3F0035_20130126151610.jpg
CA3F0036.jpg
CA3F0037_20130126151616.jpg

約30分程度の物語です。

しかし、何が面白くて突撃メジロちゃんは訪れるのであろうか??? 謎です!

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : メジロ

2013/01/26 20:53 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

三連休 その2

昨年より滞っていました砲艦勢多型」の再開です。

滞った理由は、季節が春になり魂がギフチョウの住まう
大自然に吸い取られたからです。
故に、4艦竣工は3月末としないと再び秋を迎え、下手をすると
年末を向かえる事になるかもしれません。(まだ始まったばっかりやで!)
皆さまは、そんなあほな!大袈裟過ぎるやろ!と思われるでしょうが
小野浜には可能性が十二分にありうる事ですので、行く末に興味のある方はお付き合い下さいませ。

正月より少しづつではありますが、触っていました。
小さな煙突は細かいモ-ルドが施されていますが、一旦削ります。
蒸気捨て管は0.4mmの真鍮パイプに、エッチングでジャッキステ-を
煙突は煙道を開口、頂部にエッチング加工品の雨除け格子や点検用タラップを再現します。
屋根も鉄板(トタン?)が貼られてあった事ででしょうから、適当に継目ラインを入れます。
屋根の機銃座は床のレベルが高いようなのでくり貫きプラバンで再現しています。
屋根工作は通風筒や機銃・曲射砲・軒樋・避雷導体・用具箱など修正・製作をしなければ
ならない物がまだまだあります。
下部艦橋には凹モ-ルドで窓が表現されていますが、これも開口しました。
CA3F0009_20130113121533.jpg

ここまでが正月の進捗です。
4艦製作年代も決まりましたので
分かる範囲で差別化の加工を施して行きたいと思います。

小野浜は、最後の1日を模型三昧で過ごそうと思います。
天気予報では、太平洋側は荒れ模様の天気だとか、成人を迎える方々には
大変でしょうが、何事にも現実が直視でき問題解決が出来る大人に生長してくれる事を願います。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦 勢多型

2013/01/15 09:11 |砲艦「勢多型」COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

三連休

皆さま、おはようございます。

正月三が日を終え、初出の4日より働き尽くめでしたが、
家の用事も溜まっているので、上手にこなさないと模型を触る事すら
できなくなるのではないかと、少し焦り気味の小野浜がやっと向かえた三連休。
はてさて、どうなる事でしょうか?

初日は天気もよいので三男の受験合格祈願の為、学業の神様菅原道真を祭る「大阪天満宮」へ参りました。
立派な表門には大きなしめ縄が掲げられ、くぐるだけでもご利益がありそうに感じました。
CA3F0009_20130113104059.jpg

門の上には干支と方角を示す大きな飾りが吊り下げられています。
恥ずかしい話し、これの名前も云われも知らずに載せてしまいましたが、
ご存知の方がいらっしいますれば、教えて下さいませ。
CA3F0014_20130113104104.jpg

合格祈願をつづる絵馬が沢山掛かっていました。
息子も含め皆さんも無事に志望校に合格するようお祈りします!
CA3F0016_20130113104101.jpg

小野浜ができる事はこれぐらいが精一杯です。
後は、本人が悔いの無いよう頑張ってくれれば、何も言う事はありません。

全国の受験生の方々。
もう少しですが、体調など崩さず頑張って下さい。春は目の前です。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 大阪天満宮 受験

2013/01/13 11:17 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

元旦

あけまして おめでとうございます。

皆さま、よき新年を迎えられたかと思います。

小野浜も早速、新年の行事を始めて参りました。
暮の酒がオモイッキリ残った状態での目覚め
愛犬の散歩がてら日の出を見に行くが、天気は快晴なのに
東の空には雲がたなびいていた。
CA3F0001_20130101164524.jpg

今年は、朝一番に初詣に繰り出す。
澄み切った空気の中のお参りは、見も心も引き締まり、
一年の始まりを改めて実感する。
CA3F0005_20130101164529.jpg

地元の氏神と山の神のお参りを済ませ、山頂から淡路島と明石大橋を望む。
CA3F0006_20130101164531.jpg
時間が経つにつれ、薄雲に覆われていた空も徐々に晴れ間が広がっていった。
家族全員が集合して元旦の挨拶を済ませ、みんなで宴会を始める。
CA3F0012_20130101164536.jpg

今年の出汁巻き卵は次男がバイト先で覚えたらしく
率先して作ったそうだ、家内の評価も高かかった。
CA3F0013_20130101164539.jpg
CA3F0019_20130101170833.jpg
CA3F0020_20130101170835.jpg
CA3F0021_20130101170837.jpg

昨日焼いた睨み鯛、火力が強かったせいで表面を焦がしてしまいました。
お味のほうはなんら変わりませんでしたが、親爺と小野浜と次男と三男の男が四人もおって、
誰も気づかへんかったん!と母親からはお小言を貰いました。
CA3F0023_20130101170839.jpg

一升瓶も空になりお雑煮で締めます。
食卓を一旦片付け、最後に大福茶とお茶菓子を頂きます。
CA3F0026_20130101170843.jpg

皆さま、今年も元気に頑張ってまいりましょう。
2013年、拙ブログではありますが小野浜日記も頑張ってまいります。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

2013/01/01 17:41 |季節の便りCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |