11月1日(木)、もう一つの京都。 その1

先日、紹介しました京都錦市場リニュ-アルOPENの「牡蠣屋大安」。
立寄りは、お昼時の約2時間ほどでした。
もう一つ訪れた所がありますので、お付き合い下さい。

JR京都駅付近の駐車場に車を置き、駅構内の観光案内所で観光地図を探索する。
8時頃の駅周辺は新幹線利用の外国人観光客や修学旅行生であふれており、
不幸な事に在来線が事故の為、不通でさらに混雑しているのを横目に、
駅構内のカフェでモ-ニングを頂いていた。
仕事に行っていれば、大阪のオフィスへは簡単には到着していなかっただろうと思うと
後ろめたさより、今日は天から授かったご褒美の日と、都合のよい解釈をして、1日を楽しむ事にする。

目的地は、午前10時の開館となっておりましたので、9時過ぎにぼつぼつ京都駅を出発。
子供の頃から、歩くのが好きな小野浜、京の町屋を肌で触れながらの移動である。
CA3F0008_20121124233050.jpg

さすがに京都、まだまだ目を引く物があちらこちらに散見でき嬉しくなってくる。
道すがら、目に付く物は子供たちに話しながら目的地に向かう。
堀川通りを超えた所に、当時はかなりの大店だったのだろう、格子ベンガラは富の象徴を伺える。
CA3F0010_20121124233050.jpg

西本願寺を横目に、龍国大学の明治12年の西洋建築群(重文)を見て歩き、
ここで育った子供たちはさぞかしスケ-ルの大きな人物になるのではないかと
思わせる本願寺幼稚園の正門の迫力に圧倒されつつ、(まるで大名屋敷、大き過ぎてフレ-ムに納まらず)
取りあえず、違う門ですがスケ-ルはこれに匹敵です。
CA3F0012_20121124233049.jpg

大宮通りを越え、高校野球で有名な平安高校をへて、揚屋建築を今にとどめる
目的の、旧嶋原地区にほどなくたどり着いた。
路地を進むと京町屋風情の一つ「犬矢来」が目の前に現われる。
これは、雨水や馬の跳ねる泥水、犬猫の放尿から土台の木材・壁を守る為にある。
CA3F0014_20121124233048.jpg

屋根には、魔除けの「鍾馗さん」が乗っています。
CA3F0020_20121124233222.jpg

日除けと外からの視線を遮る、「すだれ」。
CA3F0021_20121124233221.jpg

こちらも風格のある元、お茶屋さんであろう大店の構え、店先には「駒寄せ」がある。
CA3F0017_20121124233222.jpg

今も、営業をしていそうな、一見さんお断りの「お茶屋さん」?
後日、ネットで知ったのですが、元お茶屋さんをリノべ-ションした旅館だそうです。
CA3F0019_20121124233222.jpg

私事で恐縮ですが、ここの外壁の足元にも「犬矢来」があれば、
板塀の染みも目立たなかったのにと、少し残念である。

少し、長くなりましたが、今回はここまで。
次回も、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 犬矢来 すだれ 駒寄せ ベンガラ 格子 鍾馗さん お茶屋さん

2012/11/28 15:39 |食遊楽文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

愛犬の散歩道で。。。

皆様、こんばんは。

今年は、何年かぶりに紅葉が美しい年らしいです。
たしかに、もみじの赤を引き立たせる広葉樹の黄色が
美しく、我が家の周りでも今を盛りと輝かせています。

昨日、愛犬と散歩中に見かけた景色を撮ってみました。
日の入りの前、夕日に染まる広葉樹と湖面に映るお月さんはサプライズでした。
CA3F0082_20121125224426.jpg


だんだん、冬の足音が近づいてきます。
体調管理に気を付け、有意義な年末を過しましょう!

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 紅葉

2012/11/26 22:40 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

駆潜艇・敷設艇・掃海艇 その11

皆さま、こんばんは。

駆潜艇敷設艇掃海艇の本体は今週も触れず。

3隻共通の内火艇・カッタ-の製作を先週に引き続き仕上まで行いました。

土曜日は、仕事の帰りに本町のホビ-ランドに
レインボ-モデルのレジンキット「魚船」を求めに行きましたが、
キットは売り切れで、変わりに150tタグボ-トを買って帰りました。
WLのタグボ-トセット150tがありましたので、添えて見ました。
記憶にないのですが、20年ほど前のキットになるのでしょうか。
発売と同時に購入、買ったらすぐ作るが楽しみの毎日だったような・・・。
CA3F0009_20121118215733.jpg

艦船スペシャルNO.46もあり、雲龍型空母特集で以前にも
それらしき内容があったようでしたが、急逝された鶴岡政之さんへの
ライタ-諸氏からのメッセ-ジペ-ジがあった為、立ち読みせず
買って帰りました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇

2012/11/18 22:20 |■小艦艇セットCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

徳島県神山町 昭和52年の「やまに」 その2

田舎に残る「やまに」の思い出。
少し間が空きましたが、お風呂の話です。

今の母屋で炊事洗濯は可能ですが、お風呂がありません。
近くの「神山温泉」を利用してもらうシステムのようです。

子供の頃は、五右衛門風呂がありました。
入った経験のある人は知っているでしょうが、
大きな鉄釜(浴槽)の底を直火により、お湯を沸かします。
どんどん薪をくべると当然、沸騰しますので適当なところで
湯加減を見極め、熱けりゃ水を足し、ぬるけりゃ薪を足して温度調整をします。
そんな構造の風呂ですので、直火の釜の底は熱く素足で触れると火傷を負います。
そこで、木製のスノコ板が湯船に浮いており上手に底に沈め,スノコに乗っかる事で
火傷を回避できるようになっていました。
 
しかし、この作業、子供にとっては容易ではありませんでした。
まずは、スノコに乗っかても体重が無いと浮力により静止できませんし、
なれないと、底に沈める前にスノコが浮き上がってきます。
自分で制御できるまでは、大人か従兄に一緒に入ってもらい浸かっていました。
暖かい季節は、種火を消して底が湯船の湯と同じ温度になってからスノコ無しで
入っていたのも記憶しています。

火災の危険性もあったのでしょうか、別棟で母屋から少し離れた所に建っていました。
男も女も母屋で服を脱ぎ、タオル片手に風呂に向かいます。
法事などで、沢山の人が集まる時は、屋外に特設の脱衣所と目隠しの通路を横断幕で作っていました。
雨降りはそのままで、土砂降りの日は傘を差した記憶があります。
冬場は、強烈に寒むかったので、あまり風呂に入らなかったように記憶してます。

窯焚きも経験しました。
さすがに、火打石を使っての着火ではありませんが、
マッチが大切な時代、炊事場の「おくどさん」に残る種火を
利用して窯を焚きます。
着火時に使うのは杉の葉っぱが付いた枝を短く切って使います。
乾燥していれば、怖ろしいほどよく火が付きました。
たきぎ拾いといって、それら枝打ちされた物を
拾い集めるのは、主に子供たちがやっていたように思います。
CA3F0065_20121027224715.jpg

その当時の事ですから、お風呂には電灯はございません。
真っ暗なんですが、小さな窓からこぼれる月明かりや星明かりで
不自由は感じませんでした。
子供心に、ドキドキ・ワクワクと言った、ちょっとした
不思議の世界に飛び込んだ感覚がとても、楽しかったように記憶しています。

最近そんな感覚に触れる事が無いですね!
忘れかけていた事が、次々と思い出されちょっぴり郷愁に浸る事が出来ました。

拙文、お付き合い、ありがとうございました。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 五右衛門風呂 やまに

2012/11/15 22:26 |雑記帳COMMENT(4)TRACKBACK(1)  

駆潜艇・敷設艇・掃海艇 その10

今週末も、進捗が伸びるほど、時間を割けませんでした。

駆潜艇敷設艇掃海艇本体はいじらずです。

半日の成果をご笑覧下さい。
搭載の内火艇とカッタ-の加工です。
カッタ-の表面はダボ穴埋めと艇首部水切り形状削りを行い、
内火艇のキャビン掘り込み・ベンチ・間仕切り
・操舵室窓開口・舵、、、、、ets・・・終わらへん。
もっと時間が欲し~い!
CA3F0007_20121111220254.jpg

最近、発売の明治の防護巡洋艦笠置」のレジンキットを手に入れました。
美しい船体ですね!資料は持ち合わせていませんので、ぼちぼち、やっていきます。
CA3F0002_20121111220254.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇 防護巡洋艦 笠置

2012/11/11 22:38 |■小艦艇セットCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

京都府 錦市場 牡蠣屋 大安 11月1日

皆さん、こんにちは。
昼夜の寒暖の差がはっきりし、透き通った空気に透き通った青い空と、
ようやく、秋らしい季節となってまいりました。
そんな、爽やかな秋晴れの11月1日(木)に、京都に出掛けました。

7月17日(火)祇園祭山鉾巡行の日に立寄った「錦市場 牡蠣屋 大安」。
耐震補強等のリニュ-アル完成オ-プン初日です。

午前11時30分、店の前には列が出来ています。
CA3F0064_20121108231903.jpg

外から見る限り、表の客席のカウンタ-前にあった大きな貝焼きのコンロが
店の奥に引っ越し、その場が奥の客席配膳カウンタ-への動線になっていた。
CA3F0061_20121108231904.jpg

奥の客席のレイアウトは、トイレの位置が変更され、
以前は隠れていた坪庭が一望できる大きなガラスのFix窓と、
客が出入り出来る引き戸まで新設されていた。
2階の部屋の無い部分の天井も取り払われ、
屋根裏までの高い吹き抜けと小屋組みに耐震補強で
追加された、真新しい梁や火打・筋かいが見えるものの、
明るく開放的な空間になっていた。
CA3F0081_20121108231943.jpg
CA3F0085_20121108231943.jpg
CA3F0084_20121108231943.jpg

さて、メニュ-はどうでしょう?
この時期は、メインである牡蠣は「真牡蠣」です。
夏の牡蠣は「岩牡蠣」でボリュ-ム満点でしたが、
まだ、成長過程の真牡蠣は少し小ぶりであるにも拘らず、
今朝、鳥羽の海から上がった新鮮な牡蠣。美味しゅうございました。
CA3F0068_20121108231903.jpg

続いて、繊細な甘みを持つボタンエビを頂き地酒を堪能。
CA3F0079_20121108231944.jpg

後は、磯の香りと粗野で豪快な大貝・ツブガイ・ホタテ・エイのヒレの
焼き物・炒め物でお開きにしました。
CA3F0072_20121108231902.jpg
CA3F0075_20121108231944.jpg
CA3F0070_20121108231903.jpg
家族4人は、素材の味を大切に提供される料理や
大衆色満点の空間に想像以上の贅沢を感じ大満足でした。
帰りの運転は娘に、息子がナビと車を委ねました。
家内と後席で子供の成長もみる事が出来、楽しい一日を過ごす事が出来ました。

本日のお出かけは、続きがありまして、
また後日にご紹介しますので、またお付き合いください。

ありがとうございました。

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 真牡蠣 岩牡蠣

2012/11/09 15:45 |食遊楽文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

駆潜艇・敷設艇・掃海艇 その9

駆潜艇⇒待望の、艦橋前部、単装機銃座を製作。
    塗装ブ-スで待機中です。
敷設艇⇒進捗無し、待機中。
掃海艇⇒艦橋廻り・前部マストの整備。

詳細不明ですが、電探室を作ってみました。
駆逐艦などと同じように、艦橋後部マスト下に設置。    
CA3F0001_20121104212529.jpg

リノリュウム甲板のマスキング終了。
迷彩塗装の為、手摺は塗装後に取り付けます。
CA3F0010_20121104212528.jpg

今月号のモデルア-トに載っていました「黒い下地に明るい色を上塗りし、
深みのある低いト-ンに仕上げる」のキャッチに乗せられ、フラットブラックを吹きました。
ライトグレイみたいに写っていますけど、真黒です。
やった事ないのに、無謀にも「黒たち上げ」に挑戦です。
おっと!迷彩塗装も初めてです。
だっ、だいじょ~ぶぅ・・・・か???
CA3F0015_20121104212527.jpg

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇

2012/11/06 17:34 |■小艦艇セットCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |