徳島県神山町 スダチ狩り&やまにハウス

小野浜の田舎は、スダチの一大産地で有名な徳島県神山町です。
山の中腹に、今はだれも住んでいない古い母屋と白壁の土蔵が残り、
かつては、出荷作業で賑わったスダチ畑もほんの一部を残し
地元の親戚に守られている。
例年は、人に貸しているようだが、今年はフリ-の状態で
収穫をしないと木が痛むらしく手入れも兼ねて家族で秋の味覚、スダチ狩りに出かける。
CA3F0136.jpg

V字型の渓谷に河川に添った河岸段丘が細長く新しい町並みを作るが、
その昔は山の中腹に街道があり、道沿いに点々と家屋が並び、
斜面には梅やスダチが植わる段々畑や、棚田が広がっている。
子供の頃は、山の斜面で収穫をしたがこんな平らな所での収穫と思わなかった。
CA3F0138.jpg

たわわに実るスダチ。採っても採っても減りません。
柑橘系の木にはトゲがあり、容易に手を忍ばせる事を拒みますが、
徐々に慣れ、収穫の喜びを覚えると楽しくてなりませんでした。
大の大人6人(高校生一人含む)が9時から2時半までに
7本しか処理できなかったが、各々が満足な汗を流し、
満面の笑みを浮かべ、神山温泉につかって家路に付く事が出来ました。
CA3F0139_20120924230933.jpg

ブドウ状態です。
CA3F0144.jpg

収穫のさなか、小野浜の興味を引く物体が・・・?
ゴマダラカミキリが何者かの菌に侵されて絶命しています。
CA3F0152_20120924230930.jpg

2個体確認したが、これって冬虫夏草の一種でしょうか?取りあえず記録にと!
CA3F0164_20120924231023.jpg

現在、母屋はNPO法人グリ-バレ-にお貸ししており、国際的文化活動や
中短期のア-ト制作活動・宿泊施設として利用されています。
看板左端の”やまに”は当家の屋号で、上のへの字で山と読み、下の二は漢字読みとなっています。
CA3F0171_20120924231022.jpg

詳しくはやまにハウス
CA3F0154.jpg

子供の頃は爺ちゃんと祖母ちゃんが二人で住んでいました。
悪戯をしてここへほり込まれた事があったな~。
薄暗くて、あまり近づきたくない所だった。
その当時は、お宝も眠っていたのだろうな~!
CA3F0153.jpg

早速、定番の焼き魚にスダチを搾りかけ、刺身醤油にも搾り合わせます。
市販のポン酢では味わえない、さわやかで透きとおる様な味わいを官能できます。
自然が作り出す旬の味わいに感謝です。
CA3F0178_20120924231021.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : スダチ やまに 冬虫夏草

2012/09/26 23:31 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

駆潜艇・敷設艇・掃海艇 その6

週末はお出かけが多く、大幅に遅れた進捗率。
ちょっとだけ触れた駆潜艇と偽装品・対空機銃などご笑覧下さい。

駆潜艇⇒煙突廻りのジャッキステ-施工完了。
敷設艇⇒偽装品の切り出し、組み立て。
掃海艇⇒偽装品の切り出し、組み立て。
CA3F0083_20120924225303.jpg

共通偽装品も簡単に考えていたが、あれも用意これも付けると
思いだけが膨らみ、安易に考えていた小艦艇群、なかなか手強いです!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇

2012/09/25 10:35 |■小艦艇セットCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

駆潜艇・敷設艇・掃海艇 その5

懸案のジャッキステ-ですが、一隻分施工してみました。
凡庸の真鍮エッチングパ-ツをさらに細かく加工したので
色合い的によく見えません!
塗装をすれば、陰影もつき確認が出来るでしょう。

敷設艇⇒煙突廻りのジャッキステ-・烹炊室の煙突・タラップ。
    戦訓訓示で増設された連装機銃スポンソン。
    艦橋廻り+マスト支柱・機雷積み込み場+探照灯廻り。
駆潜艇⇒マスト支柱。
掃海艇⇒増設機銃スポンソンの切り出し・艦橋の型取り。

共通でリノリュウム甲板の塗装。
このリノリュウム甲板の範囲やその有無については
駆潜艇以外は小野浜の勝手な想像ですので資料的価値は全くございません。
この場で、お断りを入れさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

では、ご笑覧下さいませ。
CA3F0139.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇

2012/09/18 09:30 |■小艦艇セットCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

イガ栗

毎朝、私の通勤にあわせて家内と愛犬がバス停近くまで散歩がてらついて来るのですが、
途中に、大きな栗の木の枝が道路にせり出す市の保育園の横を通って行きます。
この季節、道路にイガグリが落ちるのは知っていたが、何時も中身が拾われ
トゲトゲの空イガが残っている光景を見る程度の関心しかなかった。
朝も早いせいか、行く手に中身の詰まったイガグリが三つも転がっていた。
これは天の恵みと感謝をし、やや後ろめたさもあるもののお持ち帰りする事にした。
物は家内に託し、車中に紛れた小野浜は、どうやって食べようかと思案するひと時に幸せを感じた。
CA3F0111_20120912234636.jpg

この者、よほど卑しいらしく、通勤の行き帰りと夜の愛犬の散歩では
必ず、現地確認を行っている。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : イガグリ

2012/09/13 20:44 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

駆潜艇・敷設艇・掃海艇 その4

今回は、ほったらかしの駆潜艇を集中的にさわりました。

駆潜艇⇒艦橋一部の手摺を残すのみでほぼ工作完了。
    増設機銃甲板の切り出し、爆雷投射台などエッチングパーツの
    組立て、甲板のリノリュウム押えの取付。
敷設艇掃海艇⇒今回、手つかずです。

前回、問題の煙突ジャッキステ-は挑戦できませんでした。
ただ、駆潜艇の艦橋に1本だけ施工してみました。
ご笑覧下さいませ。
CA3F0108_20120909215619.jpg

この調子では、月末までに3隻の竣工が怪しくなる進捗率です。
がんばらねば!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇

2012/09/09 22:03 |■小艦艇セットCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

駆潜艇・敷設艇 ・掃海艇 その3

小艦艇の煙突にもジャッキ-ステ-が溝彫りで表現されています。
しかし、パッティングラインと表面のヒケを修正すると
ほとんど消えてしまうので再現が必要となります。
一昔前のプロのモデラ-さんはそれらのモ-ルドがない時は、
エナメル線などを巻き付けディテ-ルアップをされていましたが、
1/350の艦船モデルが矢継ぎ早に発表された頃には、よりリアル感を追求した
真鍮線を植え込み実際の構造通り足掛りを浮かした表現が確立されました。
最近は驚くほどのアフタ-パ-ツが充実しており、大型艦などは
わざわざそのモ-ルドを削り取って、汎用か専用エッチングパーツでストレスが少なく
リアルなジャキ-ステイが再現出来るようになっています。

以前、このクラスの駆潜艇を作った時は0.08mmのエナメル線を巻きましたが、
今回は二度目なので煙突面より浮かせた新しい表現に挑戦しようと思っています。
しかし、1/700の凡庸エッチングでは明らかにオ-バ-スケ-ルは否めません。
結果としてはまだ良い方法が見つかっていません。

今週の進捗、です。
駆潜艇⇒手付かず。
敷設艇⇒艦首甲板敷設レ-ル、艦尾作業台廻り防弾板、艦首先端敷設ロ-ラ-金物、ボラ-ド。
掃海艇⇒リノリュ-ム押え、12㎝単装砲囲い肉抜き加工、ボラ-ド。
CA3F0083_20120906234508.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 敷設艇 掃海艇

2012/09/06 23:51 |■小艦艇セットCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

「みやくに通信」慰労会。

9月ですね!まだまだ暑い日が続きます関西地方ですが、
知らず知らずのうちに、秋の香りが漂ってまいりました。

朝晩も過し易くなり、ボツボツ掛け布団が無いと寒さで目が覚める始末。
お盆過ぎより野生の鈴虫が鳴き始めていましたが、沢山の秋の虫で賑わっています。
昼間との温度差に体調を崩さぬよう気をつけないといけませんね!

さて、蝶の世界でご活躍の皆様は知らぬ者はいない「みやくに通信」さん。
先日、200号+αで創刊の打ち止めが編集長より宣言されました。
9月1日(土)に氏のこれまでのご苦労を労うのと、今後再開の期待を込め
タケパラダイスカンパニ-代表の主催で慰労会が行われました。
CA3F0079_20120903234048.jpg

東京・名古屋・滋賀・京都・兵庫・大阪より総勢26名の老若男女が集い、
「あの独特の、手書きの文字!」や「あの独特の、ちょっと違う大阪弁」で
面白おかしく、つづられる採集記や蝶屋の私生活での苦労話など多彩な紙面は
一つのブランドであり、それが無くなるのは非常に残念と、
皆に惜しまれながらの集いでありました。

画像もあるのですが、老人会みたいで写真の添付は割愛させて頂きます。
(ごめんなさい!撮り方が悪かっただけです)
かわりに、今年最後に撮影した、彼女で我慢して下さい。
この固体も、そこそこのおばちゃんですが、タンポポでひたすら吸蜜していました。
CA3F0076.jpg
CA3F0081_20120903234047.jpg

では、みやくに通信さん。長い間楽しませて頂きありがとうございました。
今後も、山では宜しくお願いします。
お疲れ様でした。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

2012/09/04 00:11 |雑記帳COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |