スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

錦市場 牡蠣屋の「大安」

祇園祭りの京都で、小野浜が出会った素敵なお店♪

山鉾巡行の出発点、くじ改め関所にて「大船鉾」が{くじ取らず}で殿を努める。
140数年ぶりでの参加で、1864年蛤(はまぐり)御門の変で鉾を焼失。
この度は、御神面を入れた唐櫃(からひつ)による特別な形で、山鉾巡行に復帰との事。
関所でのくじ改めの際、八坂神社の神主より「一日も早い鉾再建での巡行復帰を心待ちにする」
との温かい言葉に、観客から盛大な拍手に称えられ出発していった。
CA3F0175_20120726230730.jpg

ここで、山鉾巡行見学を終え町屋の並ぶ路地に分け入る。
地理的にどんな場所かも下調べも無く行き当たりばったりで
家内と「あっちが賑やかそうやで!」と
たどり着いたのが京都の台所、錦市場。

通りすがらに「千と千尋の神隠し」で見たお湯屋の構えに似た銭湯があった。
CA3F0178_20120726230352.jpg

これは、活気のある市場やと、端から端までの見学と決め込む。
すぐ先に西の端が見えていたのでそちらに足を進めると、
岩牡蠣が店頭に並ぶお店が視界に入る。
御昼前だし、岩牡蠣を食いながら生ビ-ルor冷えた日本酒♪
で一杯などと想像していると人が並んでいる・・・?
訳も分からなく、取りあえず並んで情報収集。
耳ダンボ!眼トンボ!の結果、どうやらここで食べさせている様だ!
ヒット~ォ♪ 12時開店!(後15分やん♪) 席数少ないで・・・(待つ覚悟!)
微妙やな! やっぱり無理か? 入れた!?
手前の席から埋まっていく!アカン!満席や~ぁ!!
係りの人に導かれ奥へ、カウンタ-とテイブル席が並ぶ8畳ほどの部屋。
やった~ぁ!雰囲気エエヤン♪迷わずカウンタ-奥の壁側でもたれられる最高の席へ進む♪
皆さん、座るや否や焼き牡蠣を注文している。
負けじと、二人分6個! 生ビ-ル2杯~ィ♪ 喉が鳴る鳴る!
CA3F0182_20120726230351.jpg

市場の中で岩牡蠣を食べれるとわ思わなかった。
お品書きを見ると、貝の専門店のようで色んな貝の刺身もある。
CA3F0188.jpg
CA3F0189.jpg

日本酒も京都の銘柄が並んでいた。
魚の刺身もあり、ボタンエビを頼む。
ヤッパリ刺身は、日本酒やネ♪
CA3F0192.jpg

ムッチャ幸せ!店主のお勧めで赤貝を頼む♪
CA3F0193.jpg

一息ついた所で、暗くも無く、明るくもないアンティ-クな照明が眼を引く。
店主曰く、祭りを最後に、明日より店舗のリニュ-アルだそうだ。
「今日が最後ですから十分楽しんでいって下さい。」との事でした。
CA3F0183.jpg
私以上に、家内は焼酎に目覚め、盛り上がる!
カウンタ-の隣には、東京から常連の女性二人連れ。
チョット強引なところもあるが、友達になっていた!
テ-ブルには、兵庫県西脇市より6人の親子連れ。
家内の出里の近くとあってロ-カルな話しに回りは閉口。
 
最後に、の骨のから揚げ♪
小野浜も焼酎を試す。
いける!病み付きになるかも♪♪
CA3F0195.jpg

本日は、ラッキ-であった!「食楽文化」に追加です。
リニュ-アル後が楽しみである♪

スポンサーサイト

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 岩牡蠣 ボタンエビ 赤貝

2012/07/31 12:20 |食遊楽文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

6月の山ギフ観察 その3

朝、起きる度に思うのだが、
昨夜もあれだけ飲んだにも拘らず、
二日酔いが無いのは健康な証拠?
逆に、どっか悪いの・・・?
チョット、複雑な気分になる。

本日も、すがすがしい天気の朝を迎える。
こんな時は、気温が上がり昼から雲が湧き雷雨がお決まり。
CA3F0658.jpg

最終日の本日は、帰路の事を考え近場の折立方面での観察となる。
こちらも、アスファルトの良い道があるにも拘らず、一般車両は通行禁止。
歩いて見つかる小さな発生地やポイントを巡る。
CA3F0660.jpg

道端に咲く、水芭蕉・リュウキンカの花。
元々、湿地帯を横断するように道が出来ている。
CA3F0661.jpg
CA3F0664.jpg

吸蜜植物が咲く林に餌の生える河岸段丘など
まだまだ、調査をする所が一杯で楽しい所です。
CA3F0665.jpg

思ったより天気がもたず、昼過ぎには山を降りる事になる。
帰路の名神高速で出会った雲の塊。
少し走った所で、雨の壁に突入する。
CA3F0670.jpg

三日間の山遊び、行く度に新しい楽しみを発見する事ができ、
益々、止められなくなる。
体が動くうちは当分続くことだろう♪

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/07/28 12:39 |ギフ屋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

6月の山ギフ観察 その2

昨日は、有峰湖畔でのギフ観察であったが、
本日は、標高を上げ小口川林道から祐延湖畔までの調査
観察を行う事にする。

朝ごはんは、山菜天ぷら入りインスタントラ-メンと朝粥。
お昼のお弁当に山菜炊き込みご飯♪
山菜とおこげの香りがたまりません。
ジップロックで持っていく為、フライパンに広げ冷やしています。
CA3F0610.jpg

この時期の小口川林道は道路の整備の為、一般車両は通行禁止。
従って、自転車か徒歩にての観察行となる。
昆虫と山菜が目的の我々は徒歩で祐延湖畔へ向かう。
CA3F0613.jpg

1時間半の登り。それも、見ての通りのアスファルト道路です。
ですが、早々にギフチョウの発生地を発見し、山菜も大量にあり
祐延峠に着くまでに本日の目的の三分の二は達成されていました。
峠に到着後、三男坊には悪いが、オッサン二人はビールで乾杯です。
峠から見た東笠山。かなりの雪が残っている様子。
時期が時期なら、これからあの頂上まで行くのだが本日は麓の湿原で
発生初期であろうギフチョウの観察を行う。
CA3F0614.jpg

何時もなら祐延峠でギフチョウに出会えるが峠にも残雪があった。
湖畔も冬景色です。
CA3F0624.jpg

湿地も雪が解けたばかりで、一面枯れ草の原です。
CA3F0626.jpg

水芭蕉の斜面もやっと雪解けです。芽吹きはしているが花は開いていません。
そんな状態でも雪解けと同時に、ギフチョウの発生は始まっていました。
CA3F0627.jpg

西又谷を渡河して東又谷より遥か無名湿原を望むが天辺は一面の残雪。
CA3F0631.jpg

天気もイマイチになり移動して本日のタンパク源の調達に励む。
入った谷が良かったのでしょう。
私は釣りませんでしたが、三男坊が一発目をヒットさせ、さん連続尺上の岩魚を釣り上げた。
これが本日の釣果です。一番小さな奴で28センチです。
「どないすんのや!全部、食われへんで~ェ♪」。
CA3F0641.jpg

早々に東屋に戻り宴会準備です。
4匹を刺身に下ろし、6匹を塩焼きと焼き枯らしにします。
本日の宴会は三男坊も盛り上がり、
豪快な刺身盛りと山菜天ぷらで酒が進みます。
CA3F0654.jpg

あまりにも大きいので、旨く焼けるかと心配でした。
自分が釣った魚を大事に焼きたかったのか、三男坊の火の番のおかげで、
上々の仕上がりにオッサン達は感動していました。
CA3F0657.jpg

本日も骨酒やらビールやら、
大量のアルコ-ルが消費されました。
本当に幸せなオッサン達です。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 岩魚 山菜 刺身 塩焼き

2012/07/26 14:03 |ギフ屋COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

都会の大自然♪

先日、梅雨明けが発表された大阪梅田のど真ん中。
乾きかけた道端の水溜に体温を下げる為に給水活動を行う「アオスジアゲハ」を発見!
CA3F0044_20120719222351.jpg

よほど喉が渇いていたのか、触れるぐらいに近づいても逃げない。
CA3F0041_20120719222352.jpg

山では川原や林道の水辺で良く見る光景だが、
都会生まれの彼らにとってこの場が大自然なんだろう。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/07/23 18:43 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

6月の山ギフ観察 その1

6月最初の週末に、恒例の「岩魚会」が飛騨の山奥で開催される。
この日が小野浜の岩魚開禁日だ。と言っても、食べる方ですが♪
釣る方は、飛騨の岩魚仙人さんと蝶と釣りの先生にお任せである。

今年は私の三男坊をお供に引き連れての参加であったが、
岩魚仙人さんが都合で来られなくなり岩魚の当りが少なくなった事が、
大打撃であった。
しかし、翌日は想像もしない釣果に恵まれ、二夜連続の
大宴会が熊もかよう山奥で繰り広げられた。

では、恒例の食材保存と酒やビ-ルを冷やす残雪の切り出し作業。
3日間使いましたがほとんどが溶けずに残っていました。
CA3F0573_20120715221612.jpg

到着とともに、早々に岩魚確保に向かいます。
我々の他にも大勢の釣り人が入り、釣り上がる(遡上)川の確保が先決であった。
道なき藪をショ-トカット中。
CA3F0577.jpg

毛バリ釣りが初めてな三男坊に指南中。
岩魚は二人に任せ、山菜採りに専念する。
CA3F0580_20120715221610.jpg

遡上中に見つけた「ワサビ」根っ子は発達していなかったので、
茎と葉っぱで御浸しを作る事にする。
CA3F0581_20120715221609.jpg

三男坊は健闘むなしく、本日はボウズだったが、
初めての毛バリ釣りに目を輝かせていた。
CA3F0597_20120715221732.jpg

河原で、魚の下地処理を行っている。
本日の晩御飯に感謝する。
CA3F0582.jpg

釣りを終え、続いてギフチョウ観察。
おっさん二人は、ビ-ルで乾杯。
を探していたら妙なものが、きのこの仲間か?
とブナの発芽と妙な奴。
でもなんか見た事ある?ナンバンキセルにも似ているが・・・。
わかりません!
CA3F0588.jpg

毎年使っていた大多和峠にある東屋に先客があり、
猪の根山の麓にある東屋を使わせて頂く。
CA3F0607_20120715221731.jpg

昨夜の宴会風景は写真を撮る暇さへ無かった。
岩魚の美味と山菜の舌づつみでスタ-ト。たんぱく質が足らない分は
乳製品などでカバーしつつ、一升瓶は何時も通り空いていた♪

・・・・続く

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 岩魚 毛バリ ワサビ 東屋

2012/07/21 12:06 |ギフ屋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

消えた食材! 「生レバ」

皆さん、こんにちは。

6月30日をもって店頭から消えさった食材「生レバ」。

好き嫌いはあって万人が好んで食べる物ではないのでしょうが、
小野浜にとって冬場の「ホルモン焼き」(最近ではこの名称のお店
の看板が少なくなった様に思う!)には、なくてならない食材でした。

こんなおいしい物が、2度と食べられなくなるなんて・・・。
名残惜しいので写真を残しています。
CA3F0414.jpg
CA3F0415.jpg

本間に、悔しい!残念でなりません!

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 生レバ

2012/07/19 12:26 |食遊楽文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

奥飛騨珍道中 その3

まずは反転、次の行き先を考えながら山を下る。
小野浜号が見えた時、車の鍵がない事に気がつく。
胸やズボンのポケット、ダッシュボ-ドの中をまさぐり返しても見つからない。
さっき、土砂崩れの現場で車外に出た時落としたのか・・・?
再び、捜しに戻らないといけないと、申し訳なく頼もうとした瞬間でした。
当然、状況を把握している同乗者より一言。
「あれ見て!車のドアに鍵ささてますよ!!」
「マジで~!」と疑ったが、ほんまにささっておりました。
出発前の忘れ物で鍵を挿し込んだまま出て行ったようですが、全く記憶にありません。

あわや車ごと無くなっていても仕方がない状況が地滑りのおかげで
事件には至らず、不幸中の幸いと笑い話で済まそうとしたが、
ニタニタ顔の相棒は「当分、酒のあてには困りませんな!」と
嬉しそうに上から目線でつぶやいていた。

時間もたち、既存産地での観察には間に合わないと判断した二人は、
大多和峠までの産地確認に向かう事にする。

以前は岐阜県側から有峰湖有料道路に行くには大多和峠の料金所を
使っていたが、新しい道ができたおかげでこの料金所は閉鎖。
元々、北陸電力の私道であった林道も一般車乗り入れ禁止となり
人が立ち入らなくなったのか、そこは自然の宝庫となっておりました。
で2時間半程をかけ大多和峠に到着するまで数々の山菜や
ギフチョウに出会い二人はおおはしゃぎであった。
CA3F0590_20120605224347.jpg
CA3F0598.jpg

大多和峠を越え富山県側に入りギフチョウの多産地でしばし観察。
林内には残雪があり雪解けの道端より蝶の羽化が始まっている様子であった。
CA3F0599.jpg

ギフチョウ観察を堪能し帰路(元来た道を下る)に付くが、
来る時に見つけておいた山菜の採取で、なかなか足が進みません。
ウド・山ブドウの芽・タラの芽・まるまる太ったわらびなど
用意したレジ袋はパンパンで両手は塞がるくらいでした。

この季節、気温が上がれば必ずやってくるのが雷雲。
頭の上ではゴロゴロと不気味な音を響かせ、後を追うように
雨が降り出し、雲が切れると太陽が覗きの繰り返し。
晴れた状態で雨が降る「狐の嫁入り」やら雷やら、
目まぐるしい天候の変化に不安を感じ、大木を避け林の中で回復を待つ。

冬場の積雪や雪崩に耐えられるようにコンクリ-トで作られた物置き。
これに銃眼を付ければト-チカにも見えるのは私だけでしょう。
一般車両通行止めの林道に使われなくなった道路標識が物悲しく置かれていた。
CA3F0606.jpg

今回の観察行は、当初の目的地に行く事はかなわなかったが、
過去にこの時期に行く事の無かった新しい産地も見つけ、
豊富な山菜の分布も把握でき有意義な5月最後の休みを
満喫できた1日でした。
ただ、往復5時間の歩きは流石にこたえましたが・・・。

「あっ!ドアに鍵、ついてませんか♪」
友人には、会う度にいじられております。

ありがとうございました。







テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/07/15 21:45 |ギフ屋COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

小野浜月記

ゲッゲェ~!
1ヶ月経つとこんな画面になるんやぁ~。
オッサンのブログだからでしょうか?
頭髪の悩みが無い小野浜には無縁のCMでした。
地酒でもいいですよ!

さてさて、続きを行く前に季節の頼りで、再開です。

7月6日(金)の零時過ぎ床に就いていたが愛犬の声に眼が明き、
蒸し暑さもあり寝付けぬので外に涼みに出る。
昔から虫が好きな小野浜、庭の石にしがみ付く蝉の幼虫を発見。
すでに背中の殻が割れ羽化が始まっていた。
CIMG1411.jpg

時間も時間なので直ぐに床に戻るが寝就かれず、再び涼みに出る。
先ほどの蝉の幼虫がいない?鼠や蛙の小動物に捕食されたのでしょうか?
良く見ると地面に仰向けに転がっていました。
このまま放っておくと脱皮も完成せず、間違いなくアリの餌になってしまいます。
もの好きの小野浜は後先考えずに殻の足先を指で摘み、脱皮の手助けを試みる。
CIMG1412.jpg

これがまたまた大変で、写真の状態で1時間あまりじっとしていなければなりませんでした。
ちょっとグロイと感じる方も居られると思いますが、バルタン星人の子供と思って下さい。
CA3F0014_20120708171943.jpg

脱皮を完了した成虫を網戸にあずけると翅を伸ばし始めます。
ここで眠ればいいのに最後まで翅が伸びるのを見入ってしまいます。
CA3F0020_20120708171942.jpg

羽化直後の体は、どの蝉も白い状態です。
翅も無事に伸び一安心。7年もの間を土の中で幼虫期を過ごし、
自由に空を飛び回り子孫繁栄に尽くす人生最後の1週間を思うと
つい手助けをしてしまいました。
CIMG1413.jpg

5時前に目覚め、小野浜の1日が始まります。
まだ、体の色は整っていないが頑張れよ!クマゼミ君♪子孫繁栄に・・・。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : クマゼミ

2012/07/08 17:47 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。