駆潜艇13号型

艦船モデルの「デモドリアン」(ある有名モデラ-の集うホ-ムペ-ジにて、
おっさんになってプラモ製作を再開した者をこう表現しておりました。つかわさせて頂きます。)
が最初に作った艦艇を紹介いたします。
キットはウォ-ターラインシリ-ズの田宮製「日本海軍小艦艇セット」
駆潜艇です。

当時、駆潜艇のキットにはモ-ルド重視のピットロ-ド製と田宮製がありました。
その甲板モ-ルドの素晴らしさに、ピットロ-ド社製を使おうと決めておりましたが、
愛読書である「世界の艦船」に、(甲板も必要個所にリノリウムが張られ、・・・)と書いある。
すぐさま手持ちの写真集などでその存在を調べてみるが、第43号艇の艦橋後方から前部上甲板
の一部が写る写真にリノリウム押さえらしき物が・・・???。不確実・・・わからん!
それが確実な物と認識できたのは、学研の歴史群像シリ-ズ「真実の艦艇史」。
空襲下の第33号艇や終戦時、横須賀で撮影された艇の甲板にリノリウム押さえが写っているではありませんか。
その事実が分かってしまうと、甲板全面に鉄鋼板スリップモ-ルドが表現されたピットロ-ド社製ではなく。
甲板上にモ-ルドが無く追加工作に便利な田宮社製を選んだと言う経緯がありました。
CA3F0003_20100807104254.jpg


まずは、甲板上のモ-ルドの削除と部品接着用の穴埋めを行います。
後部甲板付近はスリップモ-ルド付きの鉄鋼板ですので、
ファインモ-ルド社のエッチンを切り出しました。
そして、リノリウム押さえは、0.1ミリの真鍮線(廃盤)にて表現。
CA390004.jpg


作っているうちに、各方面で活躍したバリエ-ションの違った船の存在に気がつくと。
欲が出てくるんですねェ~。(言いようでは、「ドつぼに はまってしまう」とも言う!)
13号と21号のつもりが、23号・33号・41号・推定51号と気が付いたら6隻も・・・。
作業工程の増加・・・完成するか?
6セット購入で残った掃海艇・敷設艇の計12隻のキットはどうすんねや!
などと、少しはやまった感じで後悔をする羽目に陥ってしまいました。
PAP_0015.jpg


偽装工事では、キットの部品で使用できたのは艦橋・探照灯台・煙突のみです。
マスト・烹炊室・機銃台・吸気口は自作、ダビット・投射機・機銃・手摺・舷外電路等は
今はやりのエッチングパ-ツを使用しました。
PAP_0001.jpg
P1010005.jpg


できるだけ工数を減らすと言っても、それが出来るのは塗装ぐらいですか。
P1010002.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 世界の艦船

2010/08/07 10:26 |駆潜艇  

明治のスル-プ大和竣工♪

明石のプラモデル甲子園出品用に製作しました「大和」の竣工写真です。
作品の船体は、大和です。数年前の映画「俺たちの大和」の大和とは全く別の船です。
ただ、この船昭和10年に除籍後、少年刑務所の練習船をへて同所の宿泊船となり
なんと、昭和25年まで生き残りました。戦艦大和と同時期を過ごしていたんですね。
黎明期の海軍艦艇は、初期は諸外国に発注建造されていましたが、横須賀海軍造船所にて
軍艦の国産化が始まり技術更新に勤める中、明治20年に民間造船所である「神戸 小野浜造船所」
に初めて発注された軍艦なのです。当ブログのタイトルはここからきています。
帆走状態の作品は、竣工時の黒色に細い白のラインが入ったエレガントな時期を表現しました。
停泊状態は、明治24~26年頃の白い船体に黒のラインで引き締め、上部の煙突・マスト類を
黄色で塗装です。ここで、一つ不明な事が!この白と黒のラインについてです。
大和ですが、同型艦がネ-ムシップの葛城、三番艦の武蔵と全く同じ形の船が3隻あります。
それら同型艦の識別に1番艦は黒、2番艦は赤、3番艦は青、4番艦以降はそれらの複線と
するやら、煙突にラインの本数で識別線を入れたりしたそうです。
大和は2番艦の為、ラインは赤の可能性があります。ご存知の方があれば、御教授下さいませ。
CA3F0027.jpg
CA3F0012_20100801110316.jpg
CA3F0020.jpg
CA3F0002_20100801110317.jpg
CA3F0057.jpg
CA3F0053.jpg

つい最近ですが、この船のキットを発売しているシ-ルズモデルズより
またしても明治黎明期の装甲コルベット「金剛比叡」のキットが発売されました。
また、買っちゃいますか・・・?
画像があったのでぱくって来ました。ここに貼り付けるのってアカン事なのかな・・・・????。
4543954004633.jpg

それでは、葛城型製作記長々とお付き合いありがとうございました。
次回は、過去に製作した駆潜艇を御覧頂くつもりです。
CA3F0042.jpg



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 大和 プラモデル甲子園 葛城 金剛 比叡 シ-ルズモデルズ

2010/08/01 10:15 |葛城型スル-プ  

 | BLOG TOP |