FC2ブログ

まだ終わっていない。

静岡ホビ-ショ-で燃え尽きたかのような小野浜。

一週間が過ぎ、9月の東京艦船合同展示会に向け、
未完成の船体組み立て続行と新作の完成を目標に
家の用事をこなしながら、日清戦争当時の艦船に必要な
凡庸アイテムである「セマホア信号機」と初期の「安式
12センチ砲防楯」と「安式15センチ砲防楯」を一気に
数を作ろうと浅はかな思い付きにて、
まずは「セマホア信号機」から作業を開始しました。

一つや二つの製作はさほどでもありませんが、家中の
艦艇対応するための数として14隻分、24個が必要であり
それが分かった瞬間、やる気モ-ドがやや落ちたのは
言うまでもありません。

新旧なのか、製作工場の仕様でしょうか、複数の
形があるように思われます。
腕木に引かれたラインの幅や本数も違うようです。

間違いなくそれらの情報がわかったとしても、1/700では
その作り分けは困難と判断し、過去に防護巡洋艦「松島
で経験した要領にて、でっち上げ製作としました。

前回は何故、黒を塗ったのか不明ですが、
写真から、判断しますとべ-ス色は白で塗装と考えています。
IMG_2070.jpg

これだけでもお昼を挟み、四時間も掛かっています。
日清戦争時代の艦船があと12隻、日露が13隻の戦艦や巡洋艦。
昭和の艦艇に至っては、押し入れに一杯。
死ぬまでに何処まで出来るんやろと、下らん事を
真剣に考えた一日でした。

スポンサーサイト

タグ : 静岡ホビ-ショ-

2018/05/22 22:08 |セマホア信号機COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

セマホア信号機

セマホア信号機ですが、写真で見る限り
信号機トップに板状の円形の部材が付いたものと
付いていないものが見受けられます。
同じ船でも、両方を装備した写真があり、
年代による仕様の違いで装備変換があったのかとも思いましたが、
新しい年代の船にも両方が混在しているようです。
非常に興味のあるところですが、素人がとやかく言っても始まりませんので、
何方か、ご存知のお方がいらしゃれば、ご教授をお願いいたします。

また、円形部が白と黒に塗られているのも
見て取れますが、ただの影かもしれず、作品では
見たままの色で対応する事にしています。
資料性はまったくありませんので、小野浜の
妄想と考えて頂ければ宜しいかと思いますm(__)m。
IMG_2106.jpg
IMG_2104.jpg
IMG_2101.jpg

上2枚は「高雄」 形の違う信号機が付いており、トップの円形板は白です。
下1枚は「金剛」 トップの円形板が黒です。

妄想を形にしたのがこの三本となります。
IMG_2109.jpg

威海衛で鹵獲した清国艦「平遠」です。
日本海軍編入後は、 砲艦「平遠」として整備されました。
艦橋後方に一本装備された写真があります。
因みに、これを付けた事により、作品は完成いたしました。(^-^;
IMG_2112.jpg

竣工写真は、後日にアップ致しますので、
御笑覧下さいませm(__)m。

新作の黄海海戦バ-ジョンの コルベット「比叡」にも
艦橋正面に一本設置しますが、確証を得る写真がありません。
ただ、僚艦「金剛」に円形部が黒のタイプが装備された写真が
ありますので、それに倣う事にしました。
IMG_2114.jpg

残念ながら、「比叡」はまだ、完成ではありません。

御笑覧、ありがとうございました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : セマホア信号機

2018/05/30 23:02 |セマホア信号機COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |