駆潜艇13号型

艦船モデルの「デモドリアン」(ある有名モデラ-の集うホ-ムペ-ジにて、
おっさんになってプラモ製作を再開した者をこう表現しておりました。つかわさせて頂きます。)
が最初に作った艦艇を紹介いたします。
キットはウォ-ターラインシリ-ズの田宮製「日本海軍小艦艇セット」
駆潜艇です。

当時、駆潜艇のキットにはモ-ルド重視のピットロ-ド製と田宮製がありました。
その甲板モ-ルドの素晴らしさに、ピットロ-ド社製を使おうと決めておりましたが、
愛読書である「世界の艦船」に、(甲板も必要個所にリノリウムが張られ、・・・)と書いある。
すぐさま手持ちの写真集などでその存在を調べてみるが、第43号艇の艦橋後方から前部上甲板
の一部が写る写真にリノリウム押さえらしき物が・・・???。不確実・・・わからん!
それが確実な物と認識できたのは、学研の歴史群像シリ-ズ「真実の艦艇史」。
空襲下の第33号艇や終戦時、横須賀で撮影された艇の甲板にリノリウム押さえが写っているではありませんか。
その事実が分かってしまうと、甲板全面に鉄鋼板スリップモ-ルドが表現されたピットロ-ド社製ではなく。
甲板上にモ-ルドが無く追加工作に便利な田宮社製を選んだと言う経緯がありました。
CA3F0003_20100807104254.jpg


まずは、甲板上のモ-ルドの削除と部品接着用の穴埋めを行います。
後部甲板付近はスリップモ-ルド付きの鉄鋼板ですので、
ファインモ-ルド社のエッチンを切り出しました。
そして、リノリウム押さえは、0.1ミリの真鍮線(廃盤)にて表現。
CA390004.jpg


作っているうちに、各方面で活躍したバリエ-ションの違った船の存在に気がつくと。
欲が出てくるんですねェ~。(言いようでは、「ドつぼに はまってしまう」とも言う!)
13号と21号のつもりが、23号・33号・41号・推定51号と気が付いたら6隻も・・・。
作業工程の増加・・・完成するか?
6セット購入で残った掃海艇・敷設艇の計12隻のキットはどうすんねや!
などと、少しはやまった感じで後悔をする羽目に陥ってしまいました。
PAP_0015.jpg


偽装工事では、キットの部品で使用できたのは艦橋・探照灯台・煙突のみです。
マスト・烹炊室・機銃台・吸気口は自作、ダビット・投射機・機銃・手摺・舷外電路等は
今はやりのエッチングパ-ツを使用しました。
PAP_0001.jpg
P1010005.jpg


できるだけ工数を減らすと言っても、それが出来るのは塗装ぐらいですか。
P1010002.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇 世界の艦船

2010/08/07 10:26 |■駆潜艇  

第13号駆潜艇

デモドリアン、第一作目の駆潜艇シリ-ズ完成写真です。
再開時と子供の頃とは違い、製作環境や製品+別売パ-ツなど
吸収しないといけない情報が山のようにあり、作りたくても作れない
(表現できない!)もどかしい状況が数年続いておりました。
いざ作りだすと、一艇のつもりが、最終には六艇製作の大作になっていました。
我ながら、その製作意欲には驚きました。溜まっていたんでしょうね。
すんごく!楽しかったです。では、ご笑覧下さい。

駆潜艇 第13号型と第28号型
第13~27号までと、以降第13号型を若干簡易化された第28号型として28~63号があります。
両型の外見上の違いは艦尾の形状にあり、第13号型は斜めで第28号型は垂直になっています。
第13号型も初期の竣工艇は烹炊室が艦橋内にあり同煙突がマストに絡んでいます。
昭和15年以降駆潜隊編制に伴い司令部施設の増設で烹炊室が煙突前方の上甲板に新設されている。
本作品は、初期の形で製作しています。烹炊室変更は第21号ていにて御覧ください。
先に述べました通り、甲板にはリノリュ-ムが張られてありました。

13-4.jpg
13-8.jpg
13-1.jpg
13-10.jpg
13-7.jpg
13-2.jpg
13-6.jpg
13-3.jpg
13-5.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇

2010/09/20 10:41 |■駆潜艇  

第21号駆潜艇

数多く生産された艇だけに、写真も多く残っています。
竣工写真には船体の側面と艦尾に艇番号が描かれています。
この番号、表現のしようでは模型栄えします。
舷外電路の仕様も木製箱組の囲い付きと、
電線を直接船体に止める2種類の方法があります。
小さい船ですが、細部の作り分けで楽しみがいくらでも増えます。
第13号との違いは、煙突前方に上甲板に新設された烹炊室と同煙突、
舷外電路の取り付け、初期は木製の囲い付です。
マストには見張り台がありそこには、伝声管が引かれています。21-1.jpg
21-2.jpg
21-3.jpg
21-4.jpg
21-5.jpg
21-6.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇

2010/09/20 17:15 |■駆潜艇  

第23号駆潜艇

第38号艇と第23号艇は共に終戦時中国の青島に所在しておりました。
学研の「歴史群像」帝国海軍 真実の艦艇史 には、「第38号駆潜艇」と
紹介されていますが、先に述べました第13号型と第28号型の外見上の違いで
私は、この写真が第23号艇ではないかと思っております。
終戦後の第38号艇の写真が 丸スペシャル49 「駆潜艇・哨戒艇」15ぺ-ジに
載っております。いかがです、艦尾の形状・・・。

日本の艦船は戦時中航空機による被害が急増する中、対空戦闘用の兵器が
増設されていきます。増設時色んな工廠(工場)・湾内に浮かぶ工作艦などで
工事が行われるわけですが、工廠判断で必ずしも一定ではない配置となっているようです。
これがまた、味のある艦艇になっているのが堪りません。

25ミリ単装機銃が艦橋前方に1基、艦橋と煙突間に2基、後部甲板に2基の計5基。
艦橋後部に22号電探(レ-ダ-)とマスト中段に逆電探が装備されています。
「これ以上ないで!」と言わんばかりのフル装備です。
そして、艦橋左舷側にホイップアンテナのような物が付いていますが
これが、何なのか分かりません。ご存知の方がおられましたら教えて下さいませ。
23-8.jpg
23-1.jpg
23-10.jpg
23-4.jpg
23-7.jpg
23-2.jpg
23-3.jpg23-9.jpg
23-6.jpg
23-5.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

2010/09/23 13:00 |■駆潜艇  

第33号駆潜艇

第13・28号型駆潜艇の武装強化は、25ミリ単装機銃3基増設。
22号電探+同電探室増設はセットで行われていると思っていました。
学研「歴史群像」真実の艦艇史 記載の「第33・38・41号」は衝撃でした。

写真は1枚だが情報量の多いショットで、増設銃座の平面形状、
銃座から艦橋への通路・上甲板への昇降路、野菜室や上甲板の設備・爆雷関係配置、
マストの逆電探などの装備などなど見れますが、この船、22号電探が装備されていません。
33-1.jpg
33-2.jpg
33-3.jpg
33-4.jpg
33-5.jpg
33-6.jpg
33-7.jpg
33-8.jpg
33-9.jpg
33-10.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

2010/09/23 13:01 |■駆潜艇  

第41号駆潜艇

一番興味のある艇がこの第41号艇です。
第33号艇と同じく22号電探は未装備ですが、機銃の増設は行われています。
興味の部分は、25ミリ単装機銃の配置が他の艇と一部違っている点です。
艦橋前銃座に関してはどの艇も共通しておりますが、数多い艦橋~煙突間
の銃座は無く2基の爆雷投射機間舷外に張り出しを設けての装備。
旧13ミリ連装機銃跡に25ミリ単装らしき防弾盾付きの機銃配置となっています。
機銃増設工事は、外地での施工だったのでしょうか、最小限の資材と、日数にて
工事をやり遂げた感が伺えますが、どうでしょう・・・。
41-1.jpg
41-2.jpg
41-3.jpg
41-4.jpg
41-5.jpg
41-6.jpg
41-7.jpg
41-8.jpg
41-9.jpg
41-10.jpg
41-11.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇

2010/09/25 07:53 |■駆潜艇  

推定 第51号駆潜艇

終戦時横須賀に所在しており、米軍により撮影された写真があります。
何度も眺めた写真でしたが、あることに気づきました。
武装・22号電探・逆電探の装備は最終状態で一般的な配置だと思っておりましたが、
よくよく見てみますと、内火艇+ダビットがありません。
その位置には、舷側に防弾板が立ち銃身の無い25ミリ単装機銃
の防弾板が写っているではありませんか。人の目は興味のあるものしか見えないようですね。
51-1_20100923102354.jpg
51-2_20100923102352.jpg
51-3_20100923102350.jpg
51-4_20100923102348.jpg
51-5_20100923102347.jpg
51-6_20100923102345.jpg
51-7.jpg
51-8.jpg
51-9.jpg
51-10.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇

2010/09/25 07:53 |■駆潜艇  

駆潜艇集合

個艦で紹介してきましたが、6隻並ぶとそれなりに迫力があります。
艦尾の爆雷投下軌条の本数や防弾囲いの有る無し。
機銃の配置、機銃座の形状、マストの装備品、艦橋上部簡易防空指揮所
などの違いが分かるようにしてみました。

爆雷投下軌条や艦尾武装の違いを比べて下さい。
1.jpg

艦首錨甲板には、竣工時手摺がありました。根元から切断された複数の写真があります。
航海時波浪等で損傷の為、撤去されたのでしょうか?無いと、メッチャ!怖い!!
2_20100923132549.jpg

ほぼ、上部からです。電探・探照灯台・各銃座等の配置・形状の違いを比べて下さい。
3_20100923132548.jpg

左舷です。戦争末期には可燃物であった為、剥がされたリノリュウムもあったのでしょうが、
模型栄えの為、あえて表現しております。
4.jpg

艦橋廻りのディテ-ルです。22号電探のオフセットされた上下メガホン、
艦橋壁面の空中線展開用ガイシ(白色)やジャッキステ-の表現で精悍な船が再現できます。
5.jpg

私の大好きな角度から船を見ています。物悲しい兵器ではありますが、
建築物とかと同じような「美」を持つ人工の構造物だと思っています。
6.jpg
無機質ですが、人の気配が感じれるような作品作りを目指して行きたいです。
7.jpg

駆潜艇シリ-ズお付き合いありがとうございました

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 駆潜艇

2010/10/02 09:22 |■駆潜艇  

 | BLOG TOP |