初冠雪

皆さま おはようございます。
2日目の朝はいかがお過ごしでしょうか?
初夢は、いかがでしたでしょうか?

残念ながら、私は初夢を見ておりません。
一日の晩に飲み過ぎたようで、朝まで記憶がありません。

今朝は、ちょっとしたサプライズがありました。
国の方々からすればしょぼいものですが、年に1~2回程しか振らないもので、
積もっておるとなれば、童心に返ってしまいます。
2011-01-02.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ :

2011/01/02 11:12 |季節の便り  

雪やコンコン

皆様、こんばんは。

今日の日和は、朝からです。
土曜日は、吹だったらしいですが、
今日のは、深々と静かに降り続き
知らぬ間に、積もっています。
PM17:00を過ぎると、慌しく帰宅が始まります。

事故の無いように、気を付けて帰らなければ。
明日の朝が、楽しみです。
スタッドレスだけで、どれぐらいのポテンシャルがあるのか
試すには、絶好の日和になりそうです。
CA3F0005_convert_20110214174931.jpg

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ :

2011/02/14 17:51 |季節の便り  

梅にうぐいす。

皆様、おはようございます。

昨日、大阪のど真ん中で仕事の打合せを終え、自宅へと戻っておりました。

愛犬と里山へ散歩に出かけた時の事です。
足元には霜柱が立ち、池にはうっすらと氷がはっておりました。
早朝でもあり周囲は静まり返り、空気までもが冷気で凍りつきそうな、その時です。
「ほォ、ほォ・・ホォ~・・・べキキョ、---キョ♪」
突然、静寂な里山にこだまする奇怪な声の主。
そうです皆さん。「うぐいす」さんが鳴いておりました。
とても、とても下手くそな鳴き声でしたが。
ぼちぼち近寄って来ている「春」を感じた一瞬でした。

「ギフ」の飛ぶ頃には、自慢ののどを震わせていることでしょう。
庭に咲く満開の梅でお茶を濁しておきます。間違っても「うぐいす」さんの写真は、無理です。
CA3F0021_20110305080703.jpg

ついでに、庭に咲く「三角草」(みすみそう)です。
CA3F0027_20110305080703.jpg


テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2011/03/05 13:27 |季節の便り  

花冷え。

皆さま、こんにちは。

4月3日は、家の用事と特務艦の仕上の為、自宅に帰っていました。

愛犬と何時もの里山へ散歩に行った時に見つけた「春」を紹介致します。
溜め池の土手は、3週間ほど前に野焼きがされていました。
そんな土手に、早々と美味しそうな「わらび」が生えていました。
CA3F0001_20110404152024.jpg

昨日は4月と思えぬ寒い1日でいた。自宅近くでは、こののみが花を付けておりました。
CA3F0011_20110404152021.jpg
本格的な春はこれからです。
全ての人々が暖かな春を向かえる事が出来ますよう、心から切望致します。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : わらび 野焼き 里山

2011/04/04 16:02 |季節の便り  

京丹波町の春

おはようございます。

4月9日(土)は、朝から雨でした。
本当は、休みの日なんですが、わざわざ出勤して
天気のよい平日に代休を頂く作戦です。
当然、「ギフチョウ」さん対応です。

宿舎のある園部からR9号で京丹波町にぬける峠道沿いの桜です。
少しほころび始めました。
暖かい日が三日も続けば、満開になるでしょう。
CA3F0001_20110409123232.jpg

明日は、天気は最高の日曜日「ギフチョウ」さんに出会いに行ってきます。
・・・心配なもう1隻の給糧艦「杵埼型」・・・触れるかな?
特務艦隊長のお叱りの言葉が聞こえてきますね!
えらい、期待してはりましたから・・・。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ギフチョウ 給糧艦「杵埼型」 京丹波町

2011/04/09 12:44 |季節の便り  

夢のGW・・・2

GWをお楽しみ中の皆さま、こんにちは!

京丹波町は、昨日に引き続き「黄砂」に包まれた日差しの無い
肌寒い「憲法記念日」を向かえています。
本当なら、8日(日)までぶっ通しの休みのはずが・・・・。
お客様の都合で・・・・変更、追加、修正・・・・。
ありがたい、お仕事です。
 
まだ「山桜」は花をつけています。
一部、杉・檜の植林があり、職場でも「花粉症」の人達を悩ませています。
この時期の、広葉樹の芽吹きは疲れた眼や心を癒してくれますが、
針葉樹は、我々の眼にはただの邪魔者のようにしか映りません。
CA3F0001_20110503131902.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 山桜 花粉症 芽吹き

2011/05/03 13:32 |季節の便り  

「メダカ」

これが最後になります、GWネタ!

子供がちっちゃな頃から飼っていた「めだか」。
昨年の暑い夏に水温上昇と水草の毛根繁殖により
生活空間が狭ばまり大量に数を減らしてしまいました。

地元の川で採取した固体を増殖していましたが
近親相姦なのか3~4年ぐらいで子供の生長率が下がってきます。
元の場所より数匹追加する事により次世代に子孫を残してきました。

3年ほど前、その産地を訪れましたが「めだか」を見つける事はそれ以降ありません。
地元の血統が途絶えることは残念ですが、他産地より追加しないと
我が家の「めだか」も途絶える可能性が出てきました。

絶滅危惧種に指定されている「めだか
環境がかなりの影響するもので、民家の生活排水の入らない
川・用水路・池を探せば、結構見つかります。
もう一つ、大きな要因に外来種の魚がいる所は、
めだか」にはきついものがあると思われます。

今回、採取場所は田んぼの中に延びるコンクリ-ト製の用水路です。
見ての通り、「めだか」本来の生息場所ではありません。
大水によって流されてきた所です。
CA3F0007_20110524103135.jpg
CA3F0009_20110524103131.jpg

この日は、大雨の後だったので側溝にわずかながら水は流れていました。
5月5日に発見した時は会所の水溜りに閉じ込められた状態で、
そんな、会所が二つ三つ、「めだか・ドジョウヤゴ・ゲンゴロウ・タニシ」など
豊富な生態系を見る事ができました。
ただし、四つ目の会所には一切の生物を見つける事ができませんでした。
洗濯器の排水が側溝に流れ込み汚染されていたからです。
CA3F0011_20110524103127.jpg

5月5日にすくった「めだか」は30匹ほどで全て我が家の水槽に納まっています。
今回は、大雨の後また会所に流れ込んでいないか気になり当地を訪れました。
思った通り、また30匹ぐらいすくい採って上流に放しました。
お百姓さんから、田んぼが始まれば農薬で全て居なくなってしまうと聞いていたからです。
CA3F0019_20110524103120.jpg

上流部の水路に沢山の「めだか」が泳いでいました。
ここに、薬が流れなければ「めだか」は安泰です。
CA3F0024_20110524103425.jpg
CA3F0023.jpg

自然から預かった「めだか」絶やす事無く累代飼育に努めます。
次回、訪れるまで当地の「めだか」も無事でいてくれる事を祈るのみです。
CA3F0018_20110524103123.jpg

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : めだか 血統 用水路 累代飼育 ドジョウ タニシ ヤゴ 外来種の魚

2011/05/24 13:37 |季節の便り  

台風15号

昨夜より降水量を増やし続けた台風15号
各地で、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

4時過ぎの大阪は梅田北ヤ-ドより「大阪スカイビル」を見る。
台風の影響による黒い雲と秋の香りが漂う澄みきった大気がビルの壁面に映し出される。
CA3F0007_20110921225450.jpg

雲の切れ間から傾きかけた陽の光がビルの壁面に反射する。
何故か、気の落ち着く光景に見入ってしまう。
CA3F0012_20110921225449.jpg


皆さま、台風の被害は無かったでしょうか?
まだ、東北・北海道付近にお住まいの方々は今が渦中でしょうが
被害の無い事をお祈り致します。

では、おやすみなさい。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 台風15号

2011/09/21 23:12 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

やっと、紅葉。

皆様、おはようございます。

北の方では、雪の報道が伝わってきますが、
瀬戸内の温暖な気候に包まれた当地では紅葉が最盛期です。

犬の散歩途中に撮って見ました。
雑木の「コナラ」に西日が当たっています。
CIMG1046.jpg

紅葉と言えば、「もみじ」ですね!
CIMG1054.jpg

陽が当たらないのか緑の部分も見られます。
♪赤や~黄色~の♪
CIMG1062.jpg

今年も、四季の移り変わりを愛でる事が出来ました。
平和で幸せな暮らしの出来る日本。感謝します。

70年前の本日は、日中戦争を引きずりながら
太平洋方面を舞台に第二次世界大戦(大東亜戦争)に突入した日ですね。
今は近隣諸国の軍事力増大により、そのバランスが崩れようとしています。
2度と、誤った道を踏まないように祈るばかりです。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2011/12/08 09:24 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

迎 春

明けまして、おめでとうございます。

2012年が明けました。
今年も、宜しくお願い致します。

今年の初日の出です。
あいにく雲がはびこり完全な状態ではありませんでしたが、
かすかでも拝む事ができました。
CA3F0253.jpg

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/01/01 08:26 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

春の偵察

皆さん、こんにちは。
 
朝早くに愛犬と散歩に出かけました。
 
目的は、春の山菜「わらび」の生育地の調査です。
この時期の「ギフ屋さん」であれば、新産地や
生息地の環境調査をして桜のシ-ズンに備えますが、
小野浜は「わらび」を選びました。

今だと「わらび」は立ち枯れており、遠くからでも
その存在に気付くからです。
また、地域によっては溜め池の土手や、田んぼの畦の
野焼きがボツボツ始まり全く分からなくなってしまうからです。
そう!今なんです。「わらび」探索は♪

どうです!四五百本近くはあるでしょう♪(残っていればの話しですが)
CA3F0235.jpg
それらしい事を言っていますが、美味しい食べ物に貪欲なだけの小野浜です。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : わらび 野焼き

2012/01/03 17:18 |季節の便りCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

小正月の行事

皆様、おはようございます。

1月15日(小正月)の行事です。
一般的に近所の氏神様などで行われる「お焚き上げ」「左義長」「ドンド焼き」に
持って行く正月のしめ縄飾り・めがねを毎年、自宅で焼いています。
CA3F0288_20120118082221.jpg

県内で数少ない、校庭で「左義長」を行う小学校に
何度か「書き初め」と一緒に持って行った事がありましたが、
何時も家で焼いています。

その後、燃え残った灰を「魔除け」の為、敷地の隅や
要所、玄関の両脇などに盛っていきます。
CA3F0289.jpg
CA3F0290.jpg
これは家長の仕事で子供の頃から見たり手伝ったりしてきましたが、
皆様の所ではどのようにされているのでしょうか?

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 左義長 ドンド焼き しめ縄飾り

2012/01/18 12:33 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

立春

2月4日は「立春」でしたが、残念ながらお仕事。

5日(日)の朝早くに愛犬と散歩に出かける。
散歩道に点在する溜池にはこの季節ならではの水鳥が羽を休めています。
ゴッツイ望遠レンズと一眼レフのカメラが有れば幾種類の水鳥を撮り、
新たに水鳥シリ-ズを開設できるのですが携帯ではこれが精一杯!
航跡を残し水面を移動する鴨さんと船がカブリました。
「右!前方、目標視認!」「おもかじ!一杯!」。。。てね♪
CA3F0298.jpg

もう一つ上部にある溜池では水を抜いていました。
水面には一羽もいませんが、たどり着いた時には10羽ぐらいの
水鳥が我々の出現に驚いたのだろう慌てて飛び立って行った。(ごめんね!)
CA3F0299_20120205212020.jpg

水辺ではあちらこちらで小グル-プのヘラブナが浅瀬に乗り上げる仕草をしていた。
産卵かと思い調べるとそれは4~5月ごろとの事。
回遊魚で群れで泳ぐ習性らしく、単に捕食行動をしていたのかな?
しかし、バスやブル-ギルが沢山泳ぐ池にあれだけ沢山のヘラブナ
生息していたのは、何だか嬉しい。
CA3F0301_20120206235153.jpg

谷筋に残る溜池、段々に4つあります。
その外側を一周出来る小道(一部獣道)が愛犬の散歩道。
いや!小野浜の散歩道かも知れません。
一番下の池の土手で見つけました!

久々ですね!「きのこ」さん♪ 
触ってみると、カチカチで最近生えた物ではなさそうです。
CA3F0306_20120205212020.jpg
CA3F0310.jpg
CA3F0316.jpg
本日は徳島県より伯父が遊びに来ていたので、
兵庫県赤穂~相生市に「牡蠣三昧」に出掛けていました。
ブログ用の写真と思っていましたが、食い気に走り写真は無し。
愛犬が夕方の散歩をせがむ為、帰ったその足でGO~。

あれェ~!
腰ぐらいまであった溜池の土手のススキやワラビなどの枯れ草が
すっかり焼かれてありません。(朝見たきのこさんも・・・)
CA3F0328.jpg

今日は、天気も良く風の無い穏やかな日曜日。
野焼きに最適だったのでしょうか?
微かな春を感じた一日でした。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 野焼き ヘラブナ 牡蠣

2012/02/07 00:32 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

啓蟄

皆さま、おはようございます。

本日は「啓蟄」
関西は冷たい雨が降っていますが、着実に春は訪れています。
昨日も愛犬の散歩道で、まだまだ美声には程遠い「ウグイス」が鳴いていました。

播磨~阪神間では、もう一つ春の訪れを告げる行事があります。
いかなご」が開禁になりました。
市場に上がった、とれとれの「いかなご」をトロ箱で買い、
狂ったように、くぎ煮を炊きご近所に配り・配られ、家毎の味付けを楽しむ異様な行事。
CA3F0321.jpg

子供の頃は、「くぎ煮」は苦手でしたが、今では日本酒のあてには「かま揚げ」、米の飯には「くぎ煮」。
なくてはならない季節の食材です。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/03/05 10:51 |季節の便りCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  

春!きたれり。

皆さん、おはようございます。

昨日は、暑さ寒さも彼岸までの「春分の日」でした。
愛犬の散歩で見つけた春一番です。
CA3F0343_20120320221716.jpg
二日前の日曜日には気が付かなかった「つくしさん」です。
週明けから寒い日が続いていますが、春はすぐそこまで来ていますね♪

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : つくし 春分の日 彼岸

2012/03/21 08:01 |季節の便りCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

渡り鳥

皆さま、おはようございます。

冬の到来と共に、大陸より飛来する渡り鳥の群れ、
愛犬と散歩する溜池群にもその姿が見られます。
また、国内の山深き清流に住まう「カワセミ」も
この季節に観察する事ができ非常に興味の湧くところです。

この2週間ばかり前から大陸系の渡り鳥の姿が段々
少なくなり地元の青サギ・川鵜などが目立つようになってきました。

小野浜は毎朝5時台の始発バスで通勤しています。
この季節、徐々に夜明けも早くなり明るくなった足元を
見ながら今日もバス停に向かっていました。
突然、上から「ぴぃちく、ぴぃちく」の声が聞こえ
見上げると商店の軒先に数羽のツバメが止まっていました。
「もう、来てるやん!」と思わず笑みを浮かべる小野浜です。
まだ桜は咲いていませんが、徐々に役者が揃ってまいりましたね♪

バスが見えていたので写真を撮れなかったのが残念です。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/03/29 10:59 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

季節の流れ

皆さん、こんにちは。

3月末よりバタバタしており体が休まる時がありません。
4月の声を聞くと「艦艇模型」バ-ジョンから「ギフ屋さん・きのこ・山菜」
バ-ジョンにスイッチが切り替わり、晴れた日は山行きの小野浜です。
その代償が、寝る時間を削ってまでの仕事タイム。
遊びと仕事で心にストレスは無いものの、身はボロボロになりつつあります。

少しの合間にすっかり春になった近所の状況を紹介いたします。
4/8(日)兵庫県三木市志染町大谷にある「伽耶院」と言うお寺の敷地に
地元の有志が高校生の手を借り「カタクリ」を植えたとのニュ-ス。
また、神戸市西区神出町「雌岡山」では地元の老人会で栽培を行っているとの事で
家内と春の一日、散歩に行って来ました。
CA3F0437.jpg

「伽耶院」境内にある「枝垂れ桜」この時点でも6分咲き程度です。
まだ暖かい日が続きません。因みに、「ソメイヨシノ」は一切咲いていませんでした。
CA3F0443.jpg

「雌岡山」も山頂に神社があり、途中まで車を使い、残り僅かの参道を
登り始めると、越冬明けのタテハ蝶「ルリタテハ」が道案内をかってくれる。
CA3F0452.jpg

過去には「ギフチョウ」が生息していましたが現在は放蝶が行われています。
参道の日溜りに飛んではいないかと期待はしたがまだのようでした。
替わりにスミレが花を付けていました。
野生の「叡山スミレ」は初めて見ました。
CA3F0456.jpg
CA3F0457.jpg

越冬後のメダカの水槽を春の産卵に向け清掃しました。
この他に、ツクバイが二つ。
メダカ以外に2種類の「ヤゴ」も越冬していました。
暖かくなるとメダカが食われてしまうので近くの溜め池に放流です。
CA3F0459.jpg

4/15(日)この時点で、やっと「ソメイヨシノ」が満開となりました。
4/12(木)には画像はありませんが、今年初の「ギフチョウ」(天然もの)
も観察でき、訪れた春に感謝を贈る小野浜です。
CA3F0501.jpg

夕方みたいですけど、朝の6時前に愛犬との散歩中に撮影。

「ギフ屋さん」始まりましたぞ♪
今年もよろしくお願いしますね!

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ギフチョウ ソメイヨシノ 叡山スミレ カタクリ ルリタテハ

2012/04/17 15:16 |季節の便りCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

小野浜月記

ゲッゲェ~!
1ヶ月経つとこんな画面になるんやぁ~。
オッサンのブログだからでしょうか?
頭髪の悩みが無い小野浜には無縁のCMでした。
地酒でもいいですよ!

さてさて、続きを行く前に季節の頼りで、再開です。

7月6日(金)の零時過ぎ床に就いていたが愛犬の声に眼が明き、
蒸し暑さもあり寝付けぬので外に涼みに出る。
昔から虫が好きな小野浜、庭の石にしがみ付く蝉の幼虫を発見。
すでに背中の殻が割れ羽化が始まっていた。
CIMG1411.jpg

時間も時間なので直ぐに床に戻るが寝就かれず、再び涼みに出る。
先ほどの蝉の幼虫がいない?鼠や蛙の小動物に捕食されたのでしょうか?
良く見ると地面に仰向けに転がっていました。
このまま放っておくと脱皮も完成せず、間違いなくアリの餌になってしまいます。
もの好きの小野浜は後先考えずに殻の足先を指で摘み、脱皮の手助けを試みる。
CIMG1412.jpg

これがまたまた大変で、写真の状態で1時間あまりじっとしていなければなりませんでした。
ちょっとグロイと感じる方も居られると思いますが、バルタン星人の子供と思って下さい。
CA3F0014_20120708171943.jpg

脱皮を完了した成虫を網戸にあずけると翅を伸ばし始めます。
ここで眠ればいいのに最後まで翅が伸びるのを見入ってしまいます。
CA3F0020_20120708171942.jpg

羽化直後の体は、どの蝉も白い状態です。
翅も無事に伸び一安心。7年もの間を土の中で幼虫期を過ごし、
自由に空を飛び回り子孫繁栄に尽くす人生最後の1週間を思うと
つい手助けをしてしまいました。
CIMG1413.jpg

5時前に目覚め、小野浜の1日が始まります。
まだ、体の色は整っていないが頑張れよ!クマゼミ君♪子孫繁栄に・・・。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : クマゼミ

2012/07/08 17:47 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

都会の大自然♪

先日、梅雨明けが発表された大阪梅田のど真ん中。
乾きかけた道端の水溜に体温を下げる為に給水活動を行う「アオスジアゲハ」を発見!
CA3F0044_20120719222351.jpg

よほど喉が渇いていたのか、触れるぐらいに近づいても逃げない。
CA3F0041_20120719222352.jpg

山では川原や林道の水辺で良く見る光景だが、
都会生まれの彼らにとってこの場が大自然なんだろう。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

2012/07/23 18:43 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

イガ栗

毎朝、私の通勤にあわせて家内と愛犬がバス停近くまで散歩がてらついて来るのですが、
途中に、大きな栗の木の枝が道路にせり出す市の保育園の横を通って行きます。
この季節、道路にイガグリが落ちるのは知っていたが、何時も中身が拾われ
トゲトゲの空イガが残っている光景を見る程度の関心しかなかった。
朝も早いせいか、行く手に中身の詰まったイガグリが三つも転がっていた。
これは天の恵みと感謝をし、やや後ろめたさもあるもののお持ち帰りする事にした。
物は家内に託し、車中に紛れた小野浜は、どうやって食べようかと思案するひと時に幸せを感じた。
CA3F0111_20120912234636.jpg

この者、よほど卑しいらしく、通勤の行き帰りと夜の愛犬の散歩では
必ず、現地確認を行っている。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : イガグリ

2012/09/13 20:44 |季節の便りCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

徳島県神山町 スダチ狩り&やまにハウス

小野浜の田舎は、スダチの一大産地で有名な徳島県神山町です。
山の中腹に、今はだれも住んでいない古い母屋と白壁の土蔵が残り、
かつては、出荷作業で賑わったスダチ畑もほんの一部を残し
地元の親戚に守られている。
例年は、人に貸しているようだが、今年はフリ-の状態で
収穫をしないと木が痛むらしく手入れも兼ねて家族で秋の味覚、スダチ狩りに出かける。
CA3F0136.jpg

V字型の渓谷に河川に添った河岸段丘が細長く新しい町並みを作るが、
その昔は山の中腹に街道があり、道沿いに点々と家屋が並び、
斜面には梅やスダチが植わる段々畑や、棚田が広がっている。
子供の頃は、山の斜面で収穫をしたがこんな平らな所での収穫と思わなかった。
CA3F0138.jpg

たわわに実るスダチ。採っても採っても減りません。
柑橘系の木にはトゲがあり、容易に手を忍ばせる事を拒みますが、
徐々に慣れ、収穫の喜びを覚えると楽しくてなりませんでした。
大の大人6人(高校生一人含む)が9時から2時半までに
7本しか処理できなかったが、各々が満足な汗を流し、
満面の笑みを浮かべ、神山温泉につかって家路に付く事が出来ました。
CA3F0139_20120924230933.jpg

ブドウ状態です。
CA3F0144.jpg

収穫のさなか、小野浜の興味を引く物体が・・・?
ゴマダラカミキリが何者かの菌に侵されて絶命しています。
CA3F0152_20120924230930.jpg

2個体確認したが、これって冬虫夏草の一種でしょうか?取りあえず記録にと!
CA3F0164_20120924231023.jpg

現在、母屋はNPO法人グリ-バレ-にお貸ししており、国際的文化活動や
中短期のア-ト制作活動・宿泊施設として利用されています。
看板左端の”やまに”は当家の屋号で、上のへの字で山と読み、下の二は漢字読みとなっています。
CA3F0171_20120924231022.jpg

詳しくはやまにハウス
CA3F0154.jpg

子供の頃は爺ちゃんと祖母ちゃんが二人で住んでいました。
悪戯をしてここへほり込まれた事があったな~。
薄暗くて、あまり近づきたくない所だった。
その当時は、お宝も眠っていたのだろうな~!
CA3F0153.jpg

早速、定番の焼き魚にスダチを搾りかけ、刺身醤油にも搾り合わせます。
市販のポン酢では味わえない、さわやかで透きとおる様な味わいを官能できます。
自然が作り出す旬の味わいに感謝です。
CA3F0178_20120924231021.jpg


テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : スダチ やまに 冬虫夏草

2012/09/26 23:31 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

愛犬の散歩道で。。。

皆様、こんばんは。

今年は、何年かぶりに紅葉が美しい年らしいです。
たしかに、もみじの赤を引き立たせる広葉樹の黄色が
美しく、我が家の周りでも今を盛りと輝かせています。

昨日、愛犬と散歩中に見かけた景色を撮ってみました。
日の入りの前、夕日に染まる広葉樹と湖面に映るお月さんはサプライズでした。
CA3F0082_20121125224426.jpg


だんだん、冬の足音が近づいてきます。
体調管理に気を付け、有意義な年末を過しましょう!

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 紅葉

2012/11/26 22:40 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

冬景色

おはようございます♪

本日は天気晴朗にて風も無し!
て、心の中で呟きたくなるような穏やかなお天気です。

昨日は、風が吹き荒れていまして、愛犬の散歩道が
落ち葉で覆われました。
年に一度訪れる、季節が冬にスイッチされる景色です。
写真の右手が溜め池で冬の渡り鳥である鴨が羽を休めていました。
CA3F0002_20121209105004.jpg

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 渡り鳥 落ち葉

2012/12/09 10:52 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

暮の行事

29日より正月休みに突入した小野浜の第一日目は・・・。

毎年の如く、家族総出の大掃除

小野浜の担当は、網戸・小物窓洗いです。
午前9時にスタンバイ!
本日は晴天、風も無い絶好の日和、腰を気遣いながら開始です。
CA3F0002_20121229171014.jpg

1時過ぎに来客があり焦ったが、通りすがりの近所の方々からも
声援の声かけがあり、3時前に無事終了です。
洗った順番に天日干し!
CA3F0010_20121229171017.jpg

まずは、大物を無事片付け安堵すると、
今宵の酒は一味違うぞ!と、チビリチビリと始まる小野浜でした。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 大掃除

2012/12/29 17:26 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

暮の行事 2

今日は、昨日と打って変り朝から冷たい雨が降っています。

昨日の網戸洗いで腰の状態がヤバクなってきています。
家内も腕が痺れるようなので、あんま屋さんに予約を入れ
年末のオ-バ-ホールに出かけます。出発までに年賀状も仕上ます。
後、2~3枚の所で突然窓に何かがぶつかる音が聞こえました。
近づくと、ベランダに「メジロ」が仰向けに倒れています。
窓ガラスに体当たりをして気絶をしているようです。
以前から、この現象は何度かありまして、
2階の小野浜の部屋の窓にどんな魅力があるのか?
又は、外敵に追われて逃げ込もうとしたのか興味の湧く所です。
因みに、庭の樹木にメジロはよく飛来していますが、
どちらかと言えば、低木の低い所を行き来している様なので、
何故、2階の窓なのか不思議でなりません。

一応メジロさんには雨の掛からない屋根の下で、
低い紙箱の蓋にガ-ゼのハンカチを折りそっと寝かせてやりますと、
数分後には回復して林の中に飛び去るので心配は無いようですが、
出発の時間間際の、年賀状と焦る最中の人騒がせな来客にバタバタの小野浜でした。

しまった!絶好のシャッタチャンスを逃しています。
メジロの気絶! 頭を持ち上げています! 足がラリッテいますが立とうとしています!
飛び去りました!
皆さま、適当にタイトルに合わせ想像して下さいませ♪

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : メジロ

2012/12/30 16:23 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

暮の行事 3

いよいよ今年も残りわずかとなって参りました。

朝の9時から年越の食材を求め、
神戸の台所、東山市場に出かけました。
小野浜の役割は、お刺身と睨み鯛用の活鯛の調達。
早速、炭火をおこして睨み鯛を焼きます。
CA3F0003_20121231160826.jpg

少し、炭が多かったようで残り火で息子達が、
サツマイモの輪切り焼き、焼きみかん、イワシ明太、焼き芋を楽しんでいます。
そこへ、おこぼれ頂戴と愛犬が終始、まとわり付いていた。
CA3F0006_20121231160829.jpg

さて、残すは「年越そば」と「除夜の鐘」だけです。
チビりチビリと始めましょうか?

皆さま、拙ブログを今年も一杯までお付き合い下さり ありがとうございました。
来年も、なにとぞ宜しくお願いします。
また、よいお年をお迎えできますよう、心よりお祈り申しあげます。

             小野浜日記

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 睨み鯛 年越そば 除夜の鐘

2012/12/31 16:31 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

元旦

あけまして おめでとうございます。

皆さま、よき新年を迎えられたかと思います。

小野浜も早速、新年の行事を始めて参りました。
暮の酒がオモイッキリ残った状態での目覚め
愛犬の散歩がてら日の出を見に行くが、天気は快晴なのに
東の空には雲がたなびいていた。
CA3F0001_20130101164524.jpg

今年は、朝一番に初詣に繰り出す。
澄み切った空気の中のお参りは、見も心も引き締まり、
一年の始まりを改めて実感する。
CA3F0005_20130101164529.jpg

地元の氏神と山の神のお参りを済ませ、山頂から淡路島と明石大橋を望む。
CA3F0006_20130101164531.jpg
時間が経つにつれ、薄雲に覆われていた空も徐々に晴れ間が広がっていった。
家族全員が集合して元旦の挨拶を済ませ、みんなで宴会を始める。
CA3F0012_20130101164536.jpg

今年の出汁巻き卵は次男がバイト先で覚えたらしく
率先して作ったそうだ、家内の評価も高かかった。
CA3F0013_20130101164539.jpg
CA3F0019_20130101170833.jpg
CA3F0020_20130101170835.jpg
CA3F0021_20130101170837.jpg

昨日焼いた睨み鯛、火力が強かったせいで表面を焦がしてしまいました。
お味のほうはなんら変わりませんでしたが、親爺と小野浜と次男と三男の男が四人もおって、
誰も気づかへんかったん!と母親からはお小言を貰いました。
CA3F0023_20130101170839.jpg

一升瓶も空になりお雑煮で締めます。
食卓を一旦片付け、最後に大福茶とお茶菓子を頂きます。
CA3F0026_20130101170843.jpg

皆さま、今年も元気に頑張ってまいりましょう。
2013年、拙ブログではありますが小野浜日記も頑張ってまいります。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

2013/01/01 17:41 |季節の便りCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

三連休

皆さま、おはようございます。

正月三が日を終え、初出の4日より働き尽くめでしたが、
家の用事も溜まっているので、上手にこなさないと模型を触る事すら
できなくなるのではないかと、少し焦り気味の小野浜がやっと向かえた三連休。
はてさて、どうなる事でしょうか?

初日は天気もよいので三男の受験合格祈願の為、学業の神様菅原道真を祭る「大阪天満宮」へ参りました。
立派な表門には大きなしめ縄が掲げられ、くぐるだけでもご利益がありそうに感じました。
CA3F0009_20130113104059.jpg

門の上には干支と方角を示す大きな飾りが吊り下げられています。
恥ずかしい話し、これの名前も云われも知らずに載せてしまいましたが、
ご存知の方がいらっしいますれば、教えて下さいませ。
CA3F0014_20130113104104.jpg

合格祈願をつづる絵馬が沢山掛かっていました。
息子も含め皆さんも無事に志望校に合格するようお祈りします!
CA3F0016_20130113104101.jpg

小野浜ができる事はこれぐらいが精一杯です。
後は、本人が悔いの無いよう頑張ってくれれば、何も言う事はありません。

全国の受験生の方々。
もう少しですが、体調など崩さず頑張って下さい。春は目の前です。

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 大阪天満宮 受験

2013/01/13 11:17 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

突撃メジロちゃん!

去年暮にも書きましたが、またしても珍客「突撃メジロちゃん」が訪れました。
今回は撮影を忘れずに行いましたので、お付き合い下さい。

2階の窓際の作業机で模型を作っていたところ、
「ゴツン!」と、硝子を震わすやや鈍い音。
またか?以前より何度も聞くこの音にすばやく反応。
思った通り、窓ガラスに突撃メジロちゃんが飛来、
ひっくり返って足をケイレンさせていました。
CA3F0013_20130126144935.jpg

野生の生物を素手で触れるのはいけない事だとは知りつつ、
可愛そうだと拾い上げてしまいました。
立っているように見えますが、小野浜の手の平に体を預けた状態で足を突っ張っています。
お~ォ、ォォ!めんこいな~ぁ♪
CA3F0018_20130126144937.jpg

少しすると体を起こし、口が少し動くようになります。
CA3F0026_20130126144938.jpg

次に眼が開き硬直した状態で立っています。
だれや、このオッサン!何で、こんなオッサンの手の平なんや!?と、
不満げな視線を放っています。
CA3F0031_20130126144940.jpg

このままだと口ばしでつつかれそうなので、紙箱の蓋に移し縁先に置いて見ました。
まだしっかりとは立てていません。
CA3F0034_20130126151602.jpg

しばらくして覗きに行くと、いやそうに、また来たでオッサン!と顔をそらし、
フンをしながら飛び去って行きました。
CA3F0035_20130126151610.jpg
CA3F0036.jpg
CA3F0037_20130126151616.jpg

約30分程度の物語です。

しかし、何が面白くて突撃メジロちゃんは訪れるのであろうか??? 謎です!

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : メジロ

2013/01/26 20:53 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

吹雪!

昨晩の吹雪は凄かった。と言うより怖かった。
この地方では見た事のない雪の降り方で、真横になったり、
下から吹き上げたり、あげくには渦巻き状態で四方八方より
雪に攻めたてられ、周りの景色をかき消し、
あれよあれよの内に2センチ3センチと、
みるみる積っていくではありませんか。
それに増して、聞いた事の無い、地鳴りのような轟音が
終始鳴りやまず、不気味さを一層かきたてていました。
雪女か氷の魔女が登場するのではないかと思うくらいの荒れようです。
その吹雪も30分程度だったと思いますが、それが止んだ時には
徐々にやさしい降り方へと変わっていき一面を銀世界に変えていました。

一連の状況をじっと観察するはずの無い小野浜。
愛犬と雪の渦巻く空間ではしゃいでおりました。
ほんまもんの雪国なら遭難しているかも知れません。
CA3F0004_20130127225137.jpg

なにせ雪の無い所で育ったものですので、気分はお祭りなんです。お許し下さいませ。

朝の通期バスはあちこちで事故・ジコ・jikoで、まともにたどり着く事ができませんでした。
最悪の1週間の始まりです。

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 吹雪 地鳴り

2013/01/28 19:28 |季節の便りCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»