FC2ブログ

イギリス海軍 軽巡洋艦 グラスゴ-(HMS GLASGOW)

東京で開かれました「第10回艦船模型合同展示会」
二日間の日程、質の高い展示会で、大盛況の内に幕を閉じました。
また、二年先の展示会では、それぞれの思いの作品が居並ぶことでしょう。

私の所属倶楽部ではテーマに沿って、制作担当艦が
5月の静岡ホビ-ショ-の後に割り当てられました。
初の外国艦「グラスゴ-」でございます。

全く知らない艦艇でありましたので、ネットをググってみたり、
何時もの「無限蒸気艦さん」にも出向き、分らん事を質問と
資料集めから始めました。
キットはコンブリックの1/700ですが、永らく外国レジンキットを作って来た小野浜が
久々に見る優秀な船体形状やキレの良い部品の数々に思わず感激!
早々に甲板塗装の作業を進め、思いのほか短期間で完成したキットです。

製作途中の写真があまりありませんが、順を追って紹介いたします。
まずは、キット部品構成。
IMG_2397.jpg

木甲板塗装。筋彫りの板目が美しい甲板です。
当然、何時もの5色塗装で赤味の濃い色合いを意識してみました。
IMG_2761.jpg
IMG_2765.jpg
IMG_2766_201810012245495e3.jpg

船体は、鉄板継目の表現をサ—フェイサ-にて行いましたが、
モ—ルドが美しかったので、薄目に吹いたのが仇となり、
後に一仕事、増える結果となります。
IMG_2739.jpg

甲板に墨入れをした後、マスキング作業です。
手摺が貼れるよう船体端に少しの隙間を残し張り込んでいきます。
写真は探照灯台ですが、実物の写真では手摺にキャンバスが張られていますので
美しいくキレの良いブル-ワ-クは撤去となります。
IMG_2774.jpg
IMG_2771.jpg

艦橋廻りは意外に小さく入り組んでいたので、先に手すりを取り付けました。
IMG_2736.jpg

兵装関係は出来るだけ真鍮砲身・エッチングパーツに変えていきました。
IMG_2731.jpg
IMG_2755.jpg
IMG_2758.jpg

船体にエッチングの手摺・煙突・ダッビト・ラック等の小物類を組み付けながら隠蔽部の吹付を行います。
いよいよ塗装準備へと進み、ほぼ全ての部品を一気に吹きます。
IMG_2858.jpg
IMG_2861.jpg

甲板のマスキングを剥がして、甲板との色調をめでるのが至福の瞬間です。
上々の仕上がりでしたが、船体の継目横ラインがあまり目立たないのが気になるところでした。
IMG_2882.jpg

ここまでで残り2週間、実際の作業日数は次週の2連休のみでした。
IMG_2889.jpg

これ以降の製作途中の写真はありません。
展示会場での写真でお許しください。
IMG_3069.jpg

長々とご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : HMS GLASGOW

2018/10/02 23:23 |HMS GLASGOWCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

第10回艦船模型合同展示会

突然ですが、東京の晴海に来ています。
表題の「第10回艦船模型合同展示会」に参加。
20180923122219539.jpeg

私の所属倶楽部は東京の “ModelShip-Builders"
メインテーマは第1次世界大戦 (ジェトランド海戦)
のパネル展示、第1次世界大戦の艦艇展示とゲスト展示。
2018092312223076c.jpeg

私の担当艦は、英国海軍 軽巡洋艦「グラスゴー」
20180923122233685.jpeg

そして、「小野浜日記」での拙作。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 展示会

2018/09/22 14:11 |造船COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

台風

久々に 風の強い台風でした.。

子供の頃は、玄関のガラス戸や窓ガラスが
現在とは違い、木製の建具のでした。
窓は30㎝角ぐらいで組まれた格子の中に数枚の
ガラスで構成され1枚の建具になっていました。
玄関戸も、縦格子で縦長の形ガラスが入っていました。
台風の時は、ガラスが、カタカタと音を立て、
にぎやかなだったように記憶しています。

最近はアルミサッシの普及で硝子も厚くコ-キング材で
固定されている為、音鳴りも漏水も隙間風の音すらありませんが、
当時は、音鳴りはもちろんの事、台風時の雨風で内側への漏水も
普通にあたように思います。

昨夜の近畿地方を通過した台風
雨はさることながら、風が雨戸を透かしたアルミサッシを
建具ごと揺さぶり、ガラスに映る映像が何度も歪められるほどの
風圧が掛かっていたのを目の当たりにしました。

今朝の付近の状況です。
林に隣接する駐車場。
IMG_2793.jpg

風の吹き溜まりでしょうか?
IMG_2797.jpg

大きな枝も。
IMG_2800.jpg

運休中の鉄道にも。
IMG_2803.jpg

台風は過ぎ去りましたが、まだまだ風は吹き荒れています。
気を抜かず、警戒を怠らぬよう気を付けてください。

テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

タグ : 台風

2018/08/24 11:00 |季節の便りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

舞鶴地方隊・舞鶴航空基地 サマーフェスタ 2018_その1

新聞広告のバスツア-で舞鶴地方隊・舞鶴航空基地サマ-フェスタに出かけました。
入場門は手荷物検査があり混雑するとの事で、早朝6:45分の出発。
混乱もなく、施設内に無事入場でき、4時間半の自由行動です。
IMG_2619.jpg

天気は青空いっぱいのカンカン照り。気温は38.5度を越え半袖の腕と顔は真っ赤に焼け、
ひ弱な体は甚大なダメ-ジを受けましたが、「ひゅうが」「みょうこう」
「ましゅう」「はやぶさ」などの艦艇や陸自の装甲車の体験試乗、
自衛隊艦艇による港湾巡りと盛りだくさんのイベントに大満足の1日でした。

以前に神戸港で一般公開の「いせ」で格納庫から飛行甲板に上がるエレべ-タ-が
気に入ったのか、家内が一番に「ひゅうが」を選択。、
搭載機はなかったが、格納庫は空調が効いており、作業空間としては
一流の工場にも引けを取らない環境であった。
IMG_2511.jpg
IMG_2516.jpg
IMG_2517.jpg

後部飛行甲板に12.7㎜ブロ-ニングM2が銃架に収まっていたのが感激です。
後方は正面より「みょうこう」を望み、艦橋両脇の遮風装置がやけにカッコイイ('◇')ゞ
IMG_2524.jpg

対岸の造船所が舞鶴海軍工廠跡で、日本海側最大の造船能力を有します。
IMG_2532.jpg

艦首に装備のファランクス。
20㎜6砲身バルカン砲で1分間に4500発 発射可能な近接防御火器。
稼働展示が初見であったので感動でした!(^^)!
IMG_2541.jpg



テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

2018/07/25 23:37 |雑記帳COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

天然の目覚まし

ちょっと忙しさにかまけ、気を抜くと
1か月が過ぎスポンサーサイトへ切り替わっていました。

この一か月、大阪の地震に始まり、豪雨災害、
酷暑と悲しい出来事が各地で続いています。
この場をお借りして、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

二三日前より、夜がしらがみ始める十数分の間、
ヒグラシ」が泣き始めました。
初日は、一匹だけで、寂しげに鳴いていましたが、
本日は、4時40分過ぎ清涼な風が吹いたかと思うと、
あちらこちらから、追いかけるように輪唱を奏でています。
しばらくし、周りが明るくなると彼らの声は絞るように消え、
続いて「ニイニイゼミ」の声が暑い夏の空気を運んでくるかの如く
堰を切ったかのように鳴いたと思えば、数分で存在をかき消してしまいます。
そして、静寂な夜明けを迎え、慌ただしい一日が始まります。

皆さま、まだまだ酷暑が続きます。
お体をご自愛の上、無理なく健康な一日をお過ごしください。

通勤途中、大阪のパワ-スポットで有名な「梅田スカイビル」敷地内の
里山を模した小さな森。
IMG_2502.jpg

人工のせせらぎ、池、田んぼなど水場もあり、ちょっと息抜きに
訪れたいところです。
IMG_2496.jpg
IMG_2493.jpg

でも、「クマゼミ」の鳴き声は、到底、蝉時雨と言う言葉に
当てはまるものでは無く、ただの騒音にしか受け取る事ができません。


ありがとうございました。


テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

タグ : ヒグラシ

2018/07/18 15:50 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»