FC2ブログ

週末より、孫達がお泊りしていました。
月曜日は朝起きてびっくり、車の屋根に
積もるほどの雪が降っていました。

休みなく降り続いていましたが、ボタン雪なので
夜が明ければ、徐々に溶けてなくなってしまいます。
孫達と雪だるまを作るべく、早々に愛犬の散歩に出掛けました。

田園地帯から降る雪でうっすらと姿を見せる「雄崗山」
年に1度あるか無いかの景色に浸っています。
1_20190212170722249.jpg

溜池には「鴨」の姿はありませんでしたが、この時期しか拝めない
2頭の「カワセミ」を見る事ができました。
当然写真はありませんが、一直線に美ロ-ドに輝くブル-が対岸に
飛び去りました。
4_201902121707237d1.jpg

孫たちも、2年ぶりの降雪に興奮気味で、
車の屋根や、木々の枝に積もった雪をタライにかき集め
先ずは孫たちに雪遊びを楽しんでもらっている間に
雪だるま作りです。
思ったより雪が少ないので、速攻で作りました。
3_20190212170722dfc.jpg

後は、子供のおもちゃでしたが、昼過ぎには
部活帰りの中学生に破壊され、溶けてなくなっていました。

つかの間のサプライズでしたが、孫たちは楽しんだようです。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 雪だるま

2019/02/12 17:09 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

【 Giuseppe Miraglia 】 イタリア海軍 ジュゼッペ・ミラーリア  水上機母艦-No.3

1年の抱負のひとかけらも達成しないまま
1月が過ぎ去っていきました。
皆さまは、どうお過ごしでしょうか。

昨年暮れの家のリニュ-アル工事で
心労が重なった小野浜は、腰痛にも悩まされながら
酒で痛みを紛らわす日々を送っていました。

イタリア海軍 「ジュゼッペ・ミラーリア」ですが、
艦載機の[IMAM Ro,43偵察機]が中国メ-カ-の
トランペッタより12機一組で発売されておりましたので、
早速アマゾンにて購入し加工に入ります。

キットは1/700ですので、15㎜程の大きさで
透明プラスチックで形成されています。
製品の形成上、翼の厚みはオ-バ-スケ-ルとなる為、
薄く削る加工が必要となります。

機体は複葉機で複座の水上機です。
先ずは、カウリング正面よりエンジン部の座彫り。
操縦席・後部座席はオ-プンの為、こちらもピンバイスと
デザインナイフで開口部の掘り込みと胴体のパッティングライン
のカット調整が下ごしらえとなります。
複葉機ですので、胴体上部と下部の2枚の主翼を削り、
最後に一番破損の可能性が高い水平尾翼、
垂直尾翼を限界までカッタ-ナイフとヤスリにて
スケ-ル感を損なわない厚みに仕上げる作業を行っていきます。
IMG_3955.jpg

1日やって、カウリング座堀りとパッティングライン調整、
機体上部主翼の加工は終わったものの、機体の作業完了は2機が精いっぱいでした。
IMG_3967.jpg
IMG_3957.jpg

一機だけサンプルで先行組み立てしましたが、フロ-トの支柱や
主翼上下間の支柱などまだまだ仕上げの検討が多く残る先の見えない
工作に突入しております(T_T)

ご笑覧、ありがとうございました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : IMAM Ro,43偵察機

2019/02/06 20:41 |Giuseppe MiragliaCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

装甲コルベット「比叡」黄海海戦_竣工

昨年、5月の静岡展示会のお題が、日清戦争 黄海海戦
前出しの赤城と同じぐ担当艦の一隻として製作しました。
こちらも、完成後ほったらかしの状態でしたので、
遅ればせながら、竣工写真をアップいたします。

以前に、帆走状態の「比叡」を作成しましが、
帆の無い状態で、マストも短縮された船って
何処を見せ場にしたら見栄えが良いのか、
シンプル過ぎて、結構ムズイ製作でした。
私自身は、成功作品とは思っていません。
何かが、欠落しているようなんですが、気が付いていません。
皆さまの中で、お気づきの方は遠慮なく、ご教授くださいませ。

では、ご笑覧下さい。
IMG_3881.jpg
IMG_3878.jpg
IMG_3884.jpg
IMG_3886.jpg


黄海海戦は、第一遊撃隊の後方を本隊が単縦陣で
横列陣で触角攻撃をかける北洋水師(清国艦隊)の前を
横切る形で始まります。
「比叡」は本隊に属し旧式艦ゆえにほぼしんがりに近い位置で
航跡を追っていました。
IMG_3893.jpg
IMG_3895.jpg
IMG_3897.jpg
IMG_3899.jpg
IMG_3902.jpg
IMG_3903.jpg
IMG_3905.jpg
IMG_3904.jpg

劣速の為、後方の「扶桑」と共に航路を阻まれ、集中攻撃を受け
活路を見い出す為に敵中突破へと舵を切る決断を取る。
当然の事ながら両舷より攻撃を受け大破するが、沈没することなく
戦線を離脱することに成功し帰投している。
その間に「扶桑」は巧みな操船により本隊の航跡を追うことができた。
黄海海戦での他艦には当時最新鋭のア-ムストロング式速射砲が
搭載されていましたが、「比叡」は竣工当初よりクリップ式の17センチと
15センチ砲で戦闘に参加しています。
IMG_3906.jpg
IMG_3907.jpg
IMG_3908.jpg
IMG_3909.jpg
IMG_3911.jpg
IMG_3913.jpg

前回作成の帆走時「比叡」のシュラウドは一本一本の手作りでした。
今回は、エッチングパ-ツを使っています。
ひょっとして、その辺りのバランスがまずかったのかもしれません。
IMG_3916.jpg
IMG_3914.jpg
IMG_3915_20190120141222898.jpg

最後に、前作と並べてみました。
IMG_3919.jpg
IMG_3922.jpg


やっぱり、帆船は帆走がかっこいいですね(^^;

ご笑覧、ありがとうございました(`_´)ゞ



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 黄海海戦

砲艦 「赤 城」_竣工

昨年、2月に完成しておりました砲艦赤城」ですが、
竣工写真を上げておりませんでした。
何をいまさらと思われましょうが、ご笑覧 頂ければ幸いでございます。
IMG_3835.jpg
IMG_3836.jpg

砲艦 摩耶型の4番艦として、神戸小野浜造船所にて
明治23年8月に竣工致しました。
1番艦 摩耶、2番艦 鳥海の船体材質は全て鉄製。
3番艦 愛宕は鋼骨鉄皮、赤城は全てが鋼製であった。
IMG_3839.jpg
IMG_3841.jpg
IMG_3844.jpg
IMG_3846.jpg
IMG_3849.jpg
IMG_3848.jpg

排水量は622トン、全長は47m程の船体に12㎝比式単装砲4門を搭載していた。
更に47㎜単装重速射砲4門と艦橋両舷に47㎜単装軽速射砲を装備した。
相当な重装備で甲板のほとんどが兵装関係のスぺ-スとなっているのが
見てお分かりだと思われます。
兵員の居住区はさぞ劣悪なものであったと推察できます。
IMG_3850.jpg
IMG_3851.jpg
IMG_3852.jpg
IMG_3853.jpg
IMG_3854.jpg

作品は、戦闘時、砲の射界を取る為に艦舷の手摺を全て倒した状態としました。
時期は明治27年9月の日清戦争 黄海海戦時としましたが、
不明な点が多くそれらしく仕上げましたので、暖かい目で見て頂ければ幸いです。
IMG_3857.jpg
IMG_3856.jpg
IMG_3858.jpg
IMG_3860.jpg

黄海海戦に参加した「赤城
日清戦争中最大の海戦で、戦力外ではあるが、浅瀬の沿岸偵察の為、
連合艦隊に樺山軍令部長が乗船の仮装巡洋艦「西京丸」と同行した。

戦艦2、装甲巡洋艦2、防護巡洋艦3、巡洋艦3からなる
横列陣で進む北洋水師に対し、防護巡洋艦8、コルベット1、
砲郭甲鉄艦1の連合艦隊は北洋水師針路前面を
単縦陣で横切る態勢で戦闘は開始された。
優速の第一遊撃隊4隻の後方を本隊6隻が続き、その後方外寄りを「西京丸」と
赤城」が追従した。
戦闘のさなか、本隊の最後尾の「比叡・扶桑」が劣速の為、先航艦より遅れを生じ
北洋水師の横列陣での攻撃を受けてしまい満身創痍の「比叡」は
敵中突破にて活路を見出し、大破するも本隊に戻る事なく、戦線を離脱。
「扶桑」はその間、敵戦列を巧みに迂回し本隊の航跡を追った。
その後方を進む仮装巡洋艦「西京丸」と「赤城」が適中に孤立し
劣速の「赤城」が集中砲火を受け、艦長の坂元八郎太少佐を含む
28名の戦死者を出し、大損害を受けたがその後、第一遊撃隊の援軍にも
助けられ、後に戦線を離脱し無事帰投をはたす。
海戦の結果は北洋水師に大打撃を与え、朝鮮半島西沿岸の制海権を掌握し
陸軍部隊、物資の海上輸送が容易に進める事が可能となった。

その後の「赤城」
旅順・威海衛攻略戦に参加。
日露戦争では、旅順攻略戦、樺太作戦に参加。
1911年除籍後、川崎汽船に売却され、商船に改造される。
また、1921年尼崎汽船に転売され、1953年老朽化により解体された。(Wikipediaより)

長々と、ご笑覧頂きありがとうございました。



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 砲艦 黄海海戦 日清戦争 赤城 神戸小野浜造船所

2019/01/14 22:23 |■砲艦「赤城」COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

謹賀新年

皆さまあけましておめでとうございます。
昨年に引き続き、今年もよろしくお願いいたします。

元日の夜明けは少し寒かったが、美しい日の出を
拝むことができました。
IMG_3832.jpg

早速、地元の氏神様「住吉神社」に初詣です。
IMG_3812_20190102100320227.jpg

続いて、ギフチョウで有名な雌岡山山頂に鎮座します「神出神社」
IMG_3816_20190102100326968.jpg

山頂より、明石海峡大橋と淡路島が望めます。
IMG_3814_20190102100327754.jpg

家族全員で、恒例のお年始を始めます。
IMG_3831.jpg

今年も、皆元気で過ごせますよう、おせちと御雑煮を頂きます。
何時ものごとく、朝から大宴会が昼まで続きました。
年末より続いている腰痛ですが、お酒が入ると痛みが消える為、
つい飲み過ぎたのか、久々の撃沈のありさま、
今年も美味しいお酒が飲める一年であればと思っています。
陳腐な抱負ですが、皆さまもお体をご自愛の上、良い一年を
お過ごしできるよう、お祈りいたします。

テーマ : 最近の出来事。。 - ジャンル : ライフ

2019/01/02 11:05 |季節の便りCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»